« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月

Rec-Pot MのD-VHS対応状況(その2)

4/28付けで、I・O-DATAの製品紹介HPで、
Rec-Pot Mの動作確認機器の情報がアップデート
されていました。

D-VHSだけでなく、CATVのターミナルアダプター、
SONYのBlu-ray、BDZ-S77についても情報が掲載
されていました。

情報がアップデートされるのは良い事ですが、もっと
早く公開してくれよ、とも感じました。

やはり、BDZ-S77はNGとの事で残念。
なんとかならないものでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お宮参り

今日は、先月生まれた長女の、お宮参りに行って
来ました。

午前中の早い時間帯の方が、機嫌が良いようなので、
記念写真の撮影を午前9時から、お宮参りの時間を、
その後9時半くらいからと、かなり早めの時間帯に設定
しました。

妻は、着物を着る!という事で、朝8時半から、自宅に
着付けを手伝ってくださる方をお願いして、着付け開始。

着付け終了後、すぐに写真館へ。ここで、私の両親とも
合流し、記念撮影。
あまり、グズる事無く、無事終了。ついでに、持参した
銀塩カメラと、デジカメでも撮影してもらいました。

写真撮影後、神社へ移動。そろそろ泣き始めるかな、
と心配しましたが、なんとか持ちこたえ、こちらも無事
終了しました。

とりあえず、ひとつ行事が終わり、ホッとしました^^;
長男の時も感慨深いものがありましたが、今回は
女の子という事で、また違ったカンジでしたね。

夜は、先日録画しておいたハリポタの第2作目を鑑賞。
GW期間中は、予約が一杯なので、鑑賞後、削除しま
した。

もっとHDD容量が欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rec-Pot MのD-VHS対応状況

Rec-Pot MのD-VHS対応状況ですが、松下・東芝・ビクターは
OKで、日立・三菱はNGみたいですね。

しかし、この対応表ですが、本体を購入した時の対応表には、
D-VHSの対応状況は掲載されていませんし、アイオーのHP
を見ても、発見しづらいです。

ネットで、三菱のデッキはNGという投稿を見つけ、一体どこに
書いてあるのかな?と思い探したら、製品HP内のカタログ
(PDFファイル)をダウンロードし、見てみたら、しっかりD-VHS
デッキの対応状況が掲載されていました。

しかし、これはあまりにも不親切じゃないの?と感じました。
Pot-Mを導入した後には、市場で一番安い三菱のデッキを購入
しようと考えていただけに、他人事ではありません。

あの製品紹介では、各社デッキと問題なく接続できるとしか思え
ないですね。各社チューナーとの接続状況については、キチンと
掲載されていただけに残念です。

発売前に、かなり情報収集したつもりですが、このデッキ対応表
についてのコメントは見た事がなかったので、多分、かなりの人
が見落としていたんじゃないでしょうか?

しかし、先に三菱のデッキを買っていたらと思うとゾッとします^^;

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2層記録対応DVD+DLドライブ発売

SONYから、5/15に発売になるらしいですね。
大手メーカーから、正式に発表になったのは、これが
初めてではないでしょうか?

いよいよ、というか、やっとというか・・デスネ。
内蔵型が25000円、外付けが30000円程度らしいですから、
最初にDVD-Rドライブが出た時の事を考えれば、かなり
安価な気はします。
ブランクDiskは800円位?との情報もありましたが、実際は
いくら位になるのでしょう。

使用しているDVD-PがSONY製なので、多分互換性に
ついても、きちんと検証して発表してくれるんじゃないか、
と期待してます。

多分、今夏発売の各社パソコンの上位機種には、
標準装備されるんじゃないでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HD DVDについて

ITmediaで、「東芝が主張する、記録型HD DVDが32Gバイトで
十分」な理由」
という記事を読みました。

ま、いろいろ書いてあるわけですが、気になった点をいくつか。

1)片面1層なら20Gと、現状のブルレイより、更に少ない。
  20Gでも、
  「NHKのBS-hiで、2時間録画出来る。」と語ってるけど、
  その2時間で納まらない映画とかあるから、みんな困ってる
  んじゃん!!

2)「来年にでる1号機」という事で、どう考えても今年中には、
  出ないらしい。

1)、2)だけでも、オイオイと言いたくなるけど、トドメの

3)「D-VHSの24Mbpsより、WMV9の7Mbpsの方が良い、云々・・」
  には、本気で思ってます?と思わずパソコンに向かって
  ツッコミそうになった。
別に、東芝という会社に偏見があるワケではないし、SONYや
松下のブルレイが絶対に良いとは、思わないけど、これは
いくらなんでもムリがある主張に感じました。

Rec-Pot Mを使って数日ですが、特にDISKモードで使う時の
快適さは、もう後戻りできないですね。
どうせなら、I-Oデータが安価にブルレイのドライブ(2層対応)を
リリースしてくれれば良いんですが^^;


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Rec-Pot M 導入(その3)

今日も、休み時間にネットでチェックしたら、更にいくつかの事が
わかりました。

・ムーブの際は、D-VHSのテープ(又は、S-VHSのテープに
 穴明けする必要がある)を使用する必要がある。
 ↑今までの、強制的にS-VHSテープを使用する方法が
   使えないみたいですね。

・ムーブの際は、D-VHSの録画モードを”手動で”、
 ”HSモード”にしておく必要がある(というか、その方が無難
 らしい)

・やはり、DISKモードとD-VHSモードは切り替えて使用できる。
 ↑切替の際、予約データを手動で修正しないと、正しく予約
 録画が出来ない為、切替て使用する事を推奨していないのかも
 しれません。


ホッとしたのは、今のところ大きな不具合等が報告されていない
こと。歴代のRec-Potに比べて、かなり安定しているようです。

そういえば、TX-1もファームウェアの自動バージョンUPが昨晩
行われたようです。
何が変わったのかな?

これで、ブルレイにデータをムーブできれば、言うことナシなの
ですが・・。松下のブルレイで実現できるか、SONYにバージョン
UPで対応してくれれば、と思います。

とにかく、HV録画できるのは本当に素晴らしい。
しばらくは、ハマりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Rec-Pot M 導入(その2)

朝、ネットで確認したら、既に購入された方のレビューが早くも
UPされてきていました。

mkuboさんのコメントからも気付きましたが、TX-1はDISK/
D-VHSの両モードが使える為、通常はDISKモードにして
おき、MOVE時のみD-VHSモードに切り替えるという使い方
が出来るみたいですね(mkuboさん、ありがとうございます^^)

DISKモードの良い所は、タイトル毎の消去ができる点。
D-VHSモードでは、タイトルを選択して消去する事ができない
点が(仕様とはいえ)なんか気持ち悪いなあ、と感じていただけ
に、朗報です。しかし、マニュアルでは”DISKモード”では
”ムーブできません”としか書いてないので、本来は推奨されない
使い方なのかもしれませんね。

妻が買い物に出掛けたので、早速、一旦全ての予約を消去し、
本体のモードをDISKモードに切り替えます。
後は、同様に予約をセット。付属のリモコンではRecPotの電源
が落とせず、少し焦りましたが、DISKモードでは、チューナー
側から、電源を落とす仕様になっている為でした^^;

その後、妻が帰ってきて、ようやく新しい機器が増えている事に
気付きます。以下、その時の会話(笑)

(妻)「また、なんか増えてる?これ、なあに?」
(私)「えっ、これ?ああ、ハイビジョン録画するヤツ」
(妻)「ビデオテープで?」
(私)「テープ入れる所が無いでしょ、これはハードディスクで
    録画するの」
(妻)「ふーん、じゃあHDDが一杯になったら、また他に
保存する
のが必要とかいうんじゃない?」

(私)↑(・・!!す、するどい。ナゼにそこまで一瞬で
     考えつく!!)

   平静を装い、
   「え、うん、まあ、ね・・・」
(妻)「・・・」何か、言いたそうだが、ここで長女がタイミング良く
       泣き始める!
(私)(・・この間に、なにか良い理由は無いか、考えを
    めぐらせます)

(妻)(長女が泣き止んで)「録画するって、何を録画するの?」
(私)「大事な放送があるんだよ!5月9日に(WOWWOWで
    SW-EP2のリピートがある日です)。その日は長男の行事
    で出掛けるでしょ?、どうしても録画する必要があるの!」

(妻)「ふーん・・」 (もともと、長男の行事は、妻が私に行って
    欲しいと頼んだものなので)それ以上は追求して
    きませんでした。ホっ^^;

ま、なんとか妻の追及をかわし、その後はひたすら家族サービス。
外出から、帰ってみると、キチンと予約録画中になっていて安心
しました。

Potの動作音は、ほとんどしません。録画実行中のイルミネーション
は、なかなかキレイです。

家族が寝静まった後、きちんと録画されてるのか確認しましたが、
問題無く、録画されてました(ワーイ)。やっぱHV画質はイイです。
もう、DVDには戻れないかも^^;

結局、ハリポの1作、2作を録画して残りHDD容量は67%
でした。GWに向けて、”クレヨンしんちゃん劇場版シリーズ”、
”ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔”、”同一作目のエクステン
デット・バージョン”などなど目白押しですから、直ぐに残り容量
との戦いがはじまる予感です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rec-Pot M 導入

一晩考えましたが、結局購入する事にに決定。

お昼休みに、デオデオへ。レジに行く前に、なにげにD-VHS
のデッキが置いてあるコーナーを覗いたら、三菱の最廉価
D-VHSデッキ HV-HD500が安かったんで、一瞬どっちに
しよーかなー、と悩みました^^;

総合レジに行って、取り置きしてもらったRecPotとご対面。
色は、通常色ではなく、限定のホワイトです。ジョーシンの
通販サイトでも限定色として紹介されてたモノです。特別な
ロゴが本体にあるわけではありません。

ただ、型番の末尾がMではなく、MDとなっており、外箱にも
限定色とかいてあります。
TX-1と合わせる為、本当は通常色の方が良いのですが、
仕方ありません。

このモデルは、東芝のOEM用に作ったヤツの流用なの
しょうか?ま、そのへんは良くわかりません。

購入する際、確認したら”家電”扱いという事で、(会員なので)
5年間保障がつくそうで安心しました(なにせ、HDD積んだ製品
ですから)。初モノという事で、どこも一律に近い値段ですから、
近所で、なおかつ長期保障付きで買えてヨカッタと自分に言い
聞かせました(笑)。

さて、今日は妻の誕生日でもあるので、夕方早めに退社し、
注文しておいた誕生ケーキ等を受け取り、家路を急ぎます。

RecPotは箱から出し、仕事で使ってるブリーフケースへ(包装
用のビニールで保護したまま)入れて、(バレないように^^;)
帰宅します(こういう時、小さいモノは助かります)。

食事が終了し、妻も子供と一緒に寝たのを確認し、早速セット
開始~。i-link機器なんで、電源ケーブルとi-linkケーブルを接続
するだけで、アッという間に終了。

チューナーの方も、あっさりRecPotを認識してくれ、マニュアル
を読みながら、番組の予約を行います。
マニュアルは、TX-1で使用する場合を事例として挙げて説明
してあったので、ユーザーとしては有難かったです。

丁度、明日がWOWWOWのハリー・ポッター、デーという事で
試しに字幕版の第1作、2作を予約しました。

途中、妻が起きてきましたが、RecPot本体が小さい為、新しい
機器が増えた事に気づきません。先ずは、ホッとしました(苦笑)。

さて、明日は無事、予約録画できるでしょうか?(つづく)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイビジョンのエアチェック(その2)

 さて、ハイビジョンのエアチェックのつづきである。

まあ、もう少しじっくり考えてみようと思っていたのだが、
5月末には、NHK BS-hiで”王立宇宙軍 オネアミスの翼”
も放送される事を知り、どうせいつかは導入するつもりなんだ
から、それなら早い方がいいんじゃないか?と思うように
なってきた。

そうなると、問題はD-VHSにするか、Rec-Pot Mにするか
である。もちろん、同時に導入できれば最高なんだけど、
すぐにとなると(資金的に)どちらか一方を先に購入する事に
なる。

D-VHSの方は、枯れた製品である分、価格もこなれてるし、
今更、新製品が出る可能性も少ない。なにより、テープを
交換すれば、録画時間を気にしなくてよいし、録りたい映画
なんかは、バンバン残せる。ただし、録画したテープは
コピワンの関係から、ブルレイ等のディスクにコピー出来ない
為、将来性がないといえなくもない。

一方、HDDであるRec-Pot Mは、新製品な分、価格が
こなれていないし、容量を増やした機種も間違いなくリリース
されるだろう。また、いくら容量が160Gあるといっても、
ハイビジョン録画すれば14時間分くらいだから、映画6、7本
と考えれば、スグに容量が一杯になる可能性は高い。
ただ、出来るかどうかは不確実だけど、今後発売される
ブルーレイ・レコーダーと連携する事が出来るかもしれないし、
今の生活スタイルを考えると、どうしても残したいもの以外は、
パッと見て、すぐに消去する方が合ってるかもしれない。
なにより、そろそろ発売されるということで、徐々にネットの
掲示板等でも盛り上がってきた(←こういう、盛り上がりに
結構弱いのだ)。

まあ、そんなこんなでやっぱ、先にRec-Potの方にするか?
等と、頭の中でグルグル考えていたところ、ネットでは、
予定よりちょっと遅れて今週末には入荷するだろうとの情報
があった。

ネットでは、欲しい人は予約をかなり早くからしてたみたいで、
最初のロットは、予約分で完売だろうと書いてあるサイトも
あった。

ああ、こりゃムリだなと諦めてたけど、ダメもとで、近所の
デオデオに問い合わせたら、なんと!明日(24日)入荷する
との返事。値段を確認したら、価格コムの最安値とほぼ同じ。

あ、こりゃ、”ごちゃごちゃ悩まずに、買えっ!!”っていう事
だな、と自分自身を納得させ、とりあえず取り置きしてくれる
ようお願いしておいた(←即決しないあたり、多少進歩した
のかな^^;)。

さて、明日お店に行ってみようと思う。
やっぱ、買っちゃうかな~!?。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

格好イイ PCケース

なかなか、見た目の良いPCケースってのは少ない
ですが、これなんか、”おっ”と思いました。

Hush-ATX1.jpg

Hush-ATX2.jpg

Hush Technologiesというメーカーのアルミ製
PCケースです。

ファンレスで、P4 2.8GHzまでOKとか。

ケースだけ売ってくれ~、という気がしますが、
マザーボードの組み込み等が難しいらしくて、
ケース単体での販売はないみたいですね。

ファンレスという事で、サイドのフィンが放熱に
効果があるのでしょうか?シンプルだけど、
総アルミという事で、結構高級感はありそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HiVi

 HiViの5月号が出てたんで、立ち読みしてきました。
地方なんで、地元の書店に並ぶのが、1日遅れなのが
悲しいところです。

hivi05.jpg

この時期は、特に目新しい話題がありませんでしたが、
気になった記事をいくつか。

・SONYのブルレイBDZ-S77の地デジ対応UPデートの記事
に書いてありましたが、SONY純正の地デジチューナーしか
認識しないようですネ。記事では松下のチューナーに接続
してもNGだったとか。

RecPot MとBDZ-S77のi-linkもNGみたいなんで、この辺
はなんとかして欲しいです。せっかく、低価格でアップデート
を実施したりとユーザーサポートもしっかりやってくれている
ようなので。
RecPot Mとのi-linkも、BDZ-S77側の方で蹴ってるみたい
なんで、アイオーの方じゃムリみたいですね。

・その記事では更に、地デジ録画出来てもBDZ-S77から
直接出力はダメで、必ず地デジチューナーを経由しなければ、
映像・音声共出力できないみたいです。
つ、使い勝手悪うう~。

・あと、その記事の写真でSONYの地デジチューナーが何で
あんなにデカイか、わかった様な気がします。
横幅キッチリで2段重ねになってますが、やっぱりサイズを
合わせたんでしょうね!?

・RecPot Mの記事は2Pほどありましたが、もっと細かい
使い勝手 とか書いて欲しかった

・最後に、5月のハイビジョン番組をチェック。おお!NHK-BShi
で”王立宇宙軍 オネアミスの翼”やるじゃないですか!!
これって、本当にトゥルー・ハイビジョン!?
うーん、ますます保存したくなるなあ~(はあ~、どうしよ^^;)。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AV機器のデザイン

最近の愉しみの一つに、気に入ったデザインのAV機器を
見つけるという事がある。

だから、ステレオサウンド誌なんかを購入したら、もちろん
記事も読むが、それ以上に写真の方に引き込まれる。

高校生の頃は、将来は工業デザインの分野に進みたいと
考えたこともあった。だから、誌面を飾る美しい機器には
羨望を抱いてしまう。

最近のお気に入りは、Chord Electronics社のCDトランスポート
とDAC。
↓同一シリーズなんで、専用のスタンドにセットできるらしい。

choralrack1.jpg

うーん、かっこいい。でも、両方買ったら軽く100万円オーバー(笑)。

更に調べたら、他にも同一シリーズの製品があるみたいで、
↓こんな事もできるらしい。

choralrack2.jpg

これだと一体いくらになるんだろう^^;

もちろん、すぐに買えるわけじゃないけど、”いつかは・・・”と思う
のも悪くない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットゲーム

”GNO(ガンダムネットワークオペレーション)”というネットゲーム
をPLAYしてます。

GNOは、ファースト・ガンダム(1年戦争)を舞台とした、ネット
ゲームですが、その最大の特徴は、1クール=3ヶ月間で、
そのクールが終了すれば、自キャラの階級と勲章、パイロットの
データ等以外は全てクリアされ、また1から始まるという事で
しょう。

自キャラの階級(=これは、何クールも重ねたユーザーが有利)、
とレベル(=毎クール、リセットされる為、新規プレーヤーと
ベテランプレーヤーの差が小さい)により、出撃できる機体の数
や、種類が決まるわけです。

ファイナルファンタジー11のアカウントも持ってますが、忙しい為、
なかなかプレイ時間が確保できない→パーティーを組めない→
レベルがあがらない、という悪循環に陥り、現在ではほとんど
PLAYしてません^^;

その点、GNOはウリ文句が”1日5分から出来る、1年戦争”
の通り、一旦、部隊を編成してしまえば、後は基本的に見てる
だけなんで気楽ですし、仮にレベル差ができたり、ゲームに
参加できない時が続いても3ヶ月経てば、みんな”やり直し”です
から、たとえ今のクールがダメでも、次は頑張るか、という気持ち
になります。

GNOも他のネットゲームと同じように、何人かのプレーヤーが
チームを組んでプレーする事ができます。たまたま、最初に
誘われたチームの居心地が良く、現在までチームを変える事なく、
同じチームでPLAYしてます。

さて、今日は3ヶ月に一度の大事な”開戦=新クール開始”の日
です。

午後2時開戦という事で、昼食を友人夫婦達と一緒に楽しんだ後
早めに帰宅し、ログイン。無事、開戦に間に合いました。

また、”3ヶ月間”のはじまりです。この秋には、大幅に機能UPした
GNO2がリリースされる予定なんで、まだしばらくは楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイビジョンのエアチェック

さて、とりあえず現在使用中のAV機器を紹介してきたわけだけど、
まだまだ満足には遠い^^;

とりあえず、早急になんとかしたいのが、ハイビジョン番組の録画
だ。せっかく、BSデジタルでハイビジョンの視聴が可能になったの
に、リアルタイムでしか観られないのは、なんとも不便。

SONYのブルー・レイは高価すぎて検討の範囲外だから、現実的
には、HDDユニットか、D-VHSのどちらかだろう。

アイオー・データの新型Rec-Pot M(ムーブ対応)が5万円台、
最安値のD-VHSもほぼ同額だ。

WOWWOWの予定表を見たら、”スター・ウォーズEP2”の
再放送がGW明けの5/9(日)にあるみたいなんで、是非とも
それまでには何とかしたい(でも、Pot Mの発売が遅れてるから、
ムリかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Scale Aviation

 プロフィールにも書いてあるように、模型も趣味のひとつです。

最近では、ガンプラだけでなくスケール物や、バイクにまで手を
出したりと、無節操に作って(買って)います。

先日、友人から電話があり、別の友人が雑誌の模型コンテスト
で大賞をとったよ!と教えてくれました。

2人とも、中学の時からの友人です。電話をくれた方の友人が
模型の写真を撮影して応募したとのことでした。

sukebi.jpg

早速、書店で雑誌を購入しました。
大日本絵画から出版されている”ScaleAviation”という雑誌です。

旧日本海軍の”烈風”という飛行機の模型のコンテストで、見事
大賞を獲得し、審査員からも絶賛されていました。

彼の作品が賞賛されているのが、友人として本当に誇らしく
思いました。

と、同時に自分も”つくるぞ”という気になります(もちろん、
彼ほど上手くはつくれませんが^^;)。

今度会った時には、是非じっくり見せてもらおうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AV機器の紹介(8)

 (AVプリのつづき)
 デザインもさることながら、機能の面でもいくつか”おおっ!”と
感じた事がありました。

・プリとパワーに専用の端子があり、2台をLANケーブルで接続
する事で情報の共有転送ができます。

 具体例として、DVD等の5.1ch再生から、CDの2ch再生に
 切り替えた際、自動的に使用していないチャンネル分をオフ
 にする機能があります(ノイズを抑える為)
 この切替の時、それまで5つ点灯している青色LEDが、
 カシャカシャっと点滅し、2つだけ点灯するように変化します。

 ここらへんが、マクラーレンだけに車のギアチェンジみたいで
 気に入ってます。

 また、AVプリをスタンバイモードにすると、パワーの方も連動
 して、スタンバイモードになったりします。

・オンスクリーンでのセットアップは、画面は英語ですが、
 簡潔で非常に判りやすく、また簡単です。

・リモコンの使い勝手が非常に良い。

といったところです。


逆にわかっていた事とはいえ、以下の点は今後の課題です。

・AAC対応じゃないから、BSデジタルの5.1ch放送が
 楽しめない。
 ↑これは、プロロジックⅡで擬似マルチチャンネル化するか?
  と考えています。

・5ch入力がないから、SACDマルチ環境の構築に追加の
 機材が必要になる。

・アナログ入力は、必ずAーD、D-A変換する為、外部DAC
 の導入などが楽しめない。(意味がない^^;)

といったところです。

やはり5ch入力が無いのはイタイ。
セパレート化した為に、一体型では気になった残留ノイズも
減り、映画よりもかえってCD等を聴く機会の方が多くなって
しまってます。

あとは、同社のDVDプレーヤー、DVD32Rが入手できれば
最高なんですが・・・^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

AV機器の紹介(7)

ラック下段にセットしてあるのは、タグマクラーレン・オーディオの
AVプリアンプ、AV32RーEXと、同パワーアンプのAG100*5R
です。

tag.jpg

(F1の)タグマクラーレンのごとき速さで、日本市場から去って
いったとか、価格の半分は、デザイン料じゃないの?等と
いわれたメーカーですが(^^;)、いいんです!そんなことは(笑)。

外装のブルーがかったシルバー(これは日本仕様で、英国仕様
は黒らしいですが)は、”謎の円盤UFO”に登場する、シャドー
モービルを彷彿とさせますし、とにかくブリティッシュ・テイスト
あふれるデザインに問答無用でホレこんでます。

昨年末に、ヤフオクでゲットしましたが、実機は秋葉原のダイナ
にあったのを見たことがある位で、とーぜん試聴なんてした
ことはありませんでした。

定価は両方で100万を軽く超えますが、オークションという事で
かなり安かった事(といっても、自分にとっては結構な額)、
保証書もあるし、ステラボックスジャパンに問い合わせたら、
サポートは継続して受けられるとの事だったんで、清水ジャンプ
の気持ちで購入しました。

本来、こういった買い物は、じっくり視聴を繰り返した方が良い
のでしょうが、その時は突っ走ってしまいました。

AVアンプのセパレート化は、この趣味をはじめた時からの、
目標の一つだったんで、落札し、無事届いた時は本当に
嬉しかったです(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は楽勝のハズが・・・

 昨日から、花粉症がヒドイ。

今年は、全体的に花粉の量が少なかった事と、今年から
飲みはじめた漢方の薬(病院でもらったヤツ)が効果あった
のか、例年ほど酷くなく、楽勝・楽勝と思っていたのだが・・・。

どうやら、そうは問屋が卸さなかったようで、昨日からクシャミ、
目のかゆみ、だけでなく頭痛・微熱も併発して散々です。

特に、頭痛・微熱は困り者。仕事をしてても、ぼーっとして
集中力が持続しません。

とりあえず、立体マスクを着用し、今年は、もう大丈夫だろうと
服用を止めてた薬を再び飲み始めました^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AV機器の紹介(6)

 (S9000ESつづき)
 リージョン切替、NTSC→PAL切替のスイッチは、本体正面
下部にひっそりと配置され、その存在が目立たないように配慮
してあり、好感がもてました。

 電源ONで、本体正面上部のインジケーターが、淡いブルー
に輝くのは、やっぱりカッコイイです^^
極薄のディスクトレーとあわさって、やはり高級感を感じます。

画の方は、クセがなく透明感のあるカンジ。最近は、日本版の
方がリリースが早い場合もありますが、やはりリージョン1が
手軽に楽しめるのは、GOODです。
最近では、”ファインディング・ニモ”を購入しました。

音の方は、ノーマル機をじっくり聴いた事がないんで、なんとも
コメントしにくいですが、マスタークロック交換等が効いてるのか
CD専用機と比べても、十分満足出来るパフォーマンスです。

9000es2.jpg

↑青い四角で、囲まれた部分が、マスタークロックと専用電源
です。

SACDも再生できるので、最近は極力SACDハイブリット盤を
購入するようにしています。
ただ、ディスクによってはCD層しか再生できないモノもあるので
困りもの。SACD層が再生できるディスクも、たまにCD層しか
再生できなかったりと、ちょっと不安定なのが残念です。

映像DAC的には、既に2世代くらい古くなってしまいましたが、
本体のデザインまで含めて、お気に入りなので、まだまだ
現役で頑張ってもらうつもりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AV機器の紹介(5)

 DVP-S9000ESのつづきです。
オークションに出品されていたのは、AVパークNEBU
(http://www.av-nebu.com/)の代表、根布さんが自分用に
使用されていたモノで、リージョン切替、電源インレット、
インシュレーター等が既に改造済みのモノでした。

当時、リージョン1(北米版)の再生にも興味があったので、
オークションに参加、無事落札する事が出来ました。

落札後、メールでやりとりをした結果、ついでにクロック交換、
オペアンプ交換等も行ってもらってから、送品してもらう事に
なりました。

この結果、落札代金+改造費込みで、本体新品価格と、
ほとんど一緒になってしまいましたが、クロネコヤマトの
クロネコ@ペイメントも取得されており、安心して取引する
ことができました(2002年9月に購入)。

送られてきたS9000ESは、箱、付属品完備で、探しても小キズ
もない美品でした(つづく)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アバレライブ2004

 今日は、息子と一緒に、アバレンジャーファイナルライブ2004に
いってきました。単なる、着ぐるみのヒーローショーではなく、
実際に役を演じた役者さんによる、立ち回りや、トークショー等が
行われるイベントです。

新聞の広告を見てイベントを知り、ローソンのロッピーでチケット
の申し込みをしたんですが、既にS席は無く、A席のみでした。

開催場所の広島厚生年金会館って良く知らなかったんですが、
その近くまで行くと、既にそれらしき親子連れが沢山いたんで、
そのまま同じ方向に歩いていくと、無事到着。

開場の30分前に到着しましたが、既に長蛇の列。全席指定
なのに、ナゼ?と思ったら、開場後、理由が判りました。

その理由とは、福袋(ライブ終了後の握手券付き)にありました。
せっかくだからと、なんとか並んで購入することができました。

席は、2階の後から2番目と、かなり悪い場所でしたが、他を
見渡しても、全て親子連れ、役者さん目当ての比較的若い女性、
その他の大きなオトモダチで満員でした。

ライブ自体は、単なる着ぐるみショーではなく、やはり”顔出し”
なんで、面白さが違います。オイシイ所は、全部アバレキラー
がもっていく点までTVと一緒(笑)。

息子だけでなく、他の子も無邪気にヒーローを応援するのは、
みてて微笑ましかったです。

第2部のトークショーでは、プレゼントの抽選会も行われましたが、
運良く、景品もゲット出来(たいした景品ではありませんが)、
父親の威厳(?)を示せてよかったです。

最後の握手会は、これまた長蛇の列で、順番がまわってくるまで
かなり時間がかかりましたが、全員と握手できて満足だったよう
です。
お父さん(=自分)的には、”イエロー”の中の人(女優さん)と
握手できてヨカッタです、ハイ(笑)。
ただ、ライブ、握手会共に、ビデオ撮影・カメラ撮影不可ってのは
ちょっと寂しいですね(仕方無いとはいえ)。

ライブ終了後、お弁当を買って、平和記念公演のベンチで昼食。
その後、妻に頼まれた買い物をしたり、CDを探したりと買い物
中心。結局、帰宅は夜10時過ぎでした。
普段、あまり運動しないんで、足がパンパンに張ってツライ。
多分、明日は筋肉痛でしょう^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AV機器の紹介(4)

 さてさて、次はDVDプレーヤーについて書きたいと思います。
ラック中段に構えるのは、ご存知SONYのDVP-S9000ES。

P1010027-2.jpg

発売当初から、SONYの9000番台を冠したフラッグシップ機
として、また比較的簡単な改造でリージョン切替が可能な
事が判明した事から、マニアに人気となった機種です。
発売後、かなり経過しましたが、現在でも大事に使ってる方が
多いようです。

それ以前に使っていたのは、ビクターのXV-D721という機種
で、これはこれで良い機種だったのですが(字幕のスダレが
発生しない、クロマエラーが発生しない等)いかんせん、外観が
あまりにチープでした^^;

そんなわけで、次はやっぱり格好良いプレーヤーが欲しいなあ、
と思っていたところ、偶然にもリージョン切替改造済みの9000ES
がオークションにかけられているのを見つけたのです(つづく)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AV機器の紹介(3)

 バルコ Cine6の画は、シャープさとかは劣るものの、目に優しい
カンジでよかったのですが、いかんせん3管式特有の調整作業が
大変そうなのと、その大きさで候補から最初に脱落。

次に、SONYの液晶か、SHARP、マランツのDLPか?で検討した
のですが、視聴を繰り返し、DLP方式を選ぶ事にしました。

SONY VW-11HTは、大ヒットモデルの前作の後継機として
登場し、そのスタイリングや、映し出される画もクールでよかったの
ですが、レンズシフトが無い、前作があまりにもヒットし過ぎたので
なんか面白みが無い等の理由で脱落。

幸い、家族で視聴してもDLP特有のデメリット(色割れ等)を
ほとんど感じる事がなかったので、DLP方式に決定。

SHARPか、マランツか?では、結局実売価格で、SHARPの方が
安かった為、SHARPに決定。
ただ、オプションのワイドコンバージョンレンズまで購入した為、
やはり結構な値段になってしまった(現在は、設置位置を変更した
為、ワイコンは着けていない)。

Z9000本体は、大阪の逸品館で購入し、ワイコンは在庫のあった
アバック秋葉原店で購入。本体の方は、引越し前日に届いた為、
開封する事無く、そのまま今のマンションへ他の荷物と一緒に
お引越し。

引越し後、荷物を開封し、とりあえず設置→投影。
何の調整もしない、ポン置きの状態でも、そこに映し出される画に
感動したのを覚えている。

しかし、1ヶ月もしない内に、投影後30分位で内部温度が異常に
上昇し、強制終了する不具合が発生。
しかたなく、近所のSHARPのサービスセンターに持ち込み、結局
新品交換する事になってしまった。

その後は、不具合なく順調に稼動している。

”液晶のSHARP”として自他共に認めるメーカーが、あえてDLP
という、新しいデバイスを使用して優れたパフォーマンスを持つ
新製品を開発した事に、今になって思えば、当時の自分の状況
(それまでの会社を退職し、新しい生活をはじめるという)を
照らし合わせていたのかもしれません。

とにかく、我がシアターの”顔”である。
既に、XV-Z10000、11000と後継機種はリリースされているが、
まだまだ現役でいけると思う(つづく)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

AV機器の紹介(2)

P1010022-2.jpg


まずは、プロジェクターの紹介から。
AVのV(ヴィジュアル)の華といえば、やっぱりプロジェクター
でしょう。
実際、プロジェクターの選定については、かなり悩みました。

そもそも、妻に言わせれば、TVがあれば十分で、なぜそんな
高価なモノが必要なの?ってカンジでした。
ま、勤めていた会社を退職し、家業を継ぐ事を決めた時、
このタイミングで買うしかない!と多少強引に説得しました。
最終的には、退職金の一部を流用するお許しを得た
わけです。

ちょっとハナシが長くなりましたが、そういった事情で、資金的な
メドがたった後からが、また大変でした。

Hivi、AVレビューといった雑誌類や、ネット等から情報を仕入れ、
候補として、

SHARP:XV-Z9000
マランツ:VP-12S1
SONY:VW-11HT
バルコ:Cine6

が残りました。今から思えば、リビングシアターにする予定なのに
バルコの3管式を候補に入れてる所が笑えます。

その当時は、大阪に住んでいたので、日本橋に出かけては、
試聴を繰り返しました。

ある時は、一人でじっくりと、またある時は、妻や子供と一緒にと、
大きな買い物だけに、かなり時間をかけました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AV機器の紹介(1)

 プロフィールにも書いてあるけど、使用中のAV機器を
紹介したいと思います。

まずは、メタルラック全景↓

P1010029-2.jpg

一番上の段から、
プロジェクター:SHARP XV-Z9000
DVDプレーヤー:SONY DVP-S9000ES
AVプリアンプ :タグマクラーレン・オーディオ AV32R-EX
AVパワーアンプ:   同             AG100*5R

です。
本当は、もう少し幅が狭いラックにした方が、機器の納まりは
よかったなと、今となっては反省してます。

メタルラック自体にも、一応こだわってエレクターのパチモン
ではなく、本物のエレクターを使用してます(AV機器に、
はたしてメタルラックが良いかといえば、あまり良くないという
ハナシも聞きますが^^;)

それでは、順次紹介していきたいと思います(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VAIOでTV録画・編集

 今、自宅のパソコンは、SONYのVAIOを使っています。
丁度、一年位前に購入した、VAIO-RZ61という機種で、
Pentium4 2.8Ghz,HDD160GB,メモリ計768MBという
スペックです。

主な用途は、TV録画・編集→DVD焼きなので、スペック的
には、まだまだ十分です。

自作するか迷いましたが、値段を見積もってみたら、
結局ほとんど同額になった事と、リビングに置く事が
決まっていた為、見た目でVAIOに決定。
久々にメーカー製パソコンを購入する事になりました。

CMカット、DVDメニュー編集等の作業には、ペガシスの
DVD・Author1.5を使用。

product_image_tda_ac3.jpg

VAIOでつくったファイルも直接読み込めて、CMカットも楽。
DVDのメニューも、モーション画面がつくれたりと、それなりに
カッコイイものがつくれる。

デカレンジャーや、仮面ライダー剣なんかだと、標準画質で
DVD1枚に、6話くらい収録できる^^

あとは、DVD面にダイレクト印刷出来るプリンターが欲しい(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーヒーロータイム

 日曜日の朝といえば、スーパーヒーロータイムって人は、
(特に子持ちの人には)多いのではないだろうか?

 ええと、ご存知ない方には、ちょっと説明を。スーパー・・・
は、日曜朝7時半~八時半までの1時間、戦隊モノと、
ライダーシリーズを放送する時間帯のことである。

現在は、特捜戦隊デカレンジャーと、仮面ライダー剣を放送
している。

実は、ウチの長男は、3才位までほとんどTVのヒーローもの
は、みせていなかったが、まあ、そろそろいいだろうと”解禁”
したところ、これがすっかりハマってしまった。

妻の方は、子供が乱暴になる、等とあまり気に入ってない
ようだが、僕は、子供がこういったTVを見たりする事も、
非常に大切な事だと思っている。

幼稚園なんかで、次の日にTVの話題を話す事もあるだろうし、
あるいは、もっと大人になった時でも、こういった思い出は
”共通言語”として語る事が出来るものである。この道、30年
以上の特撮好きが言うんだから、間違いない^^;

さて、デカレンジャーの前作、アバレンジャーのファイナルショー
(実際に役を演じた役者さんによる、ライブ)に今週末、子供
と一緒に行く予定だ。その準備として、CDをレンタルしてきた。

B0000UN3VS.09.MZZZZZZZ

エンディングを唄うのは、”串田アキラ”。子供でも簡単に唄える、
バカバカしい歌詞だけど、やはりこの人が唄うとインパクトがある。

"宇宙刑事シリーズ”に熱くなった世代としては、子供と一緒に
串田アキラの歌を唄う事に、なにか不思議なカンジがしつつも、
嬉しく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度開始

 昨日から、新年度がスタートした。

昨日は、夕方から仕事関係の会合に出席したけど、結局そのまま
飲み会へと突入してしまった。
時間が早かった関係もあって、2次会では終わらず、メンバーは
減ったものの、3次会までつき合うハメになってしまった。

新年度の歓迎会でもやってるのか、どのお店もかなり混んでいた。
一昨日(31日)は、送別会等で、もっと混んでいたそうだ。

今週末は、桜も満開だから、お花見の人も多いだろうな。

プロ野球も、いよいよ開幕。我が、広島カープは開幕戦勝利を
飾れず。がっくし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BSデジタル導入(その3-雑感)

 ええと、2、3日使ってみての感想をいくつか。

P1010013-2.jpg


P1010014-3.jpg

1)時刻合わせしなくても、勝手に時刻合わせする事にちょっと
  感動。

2)ファームのダウンロードを自動実行してくれて、なおかつメール
  で知らせてくれる事にちょっと感動
  (知識として、知ってはいたけど)

3)モッサリしてる、一覧性が悪い等と、評判の悪いEPGだけど、
 他機種を知らないんで、まあガマンできるレベル。

4)初期のチューナーは、かなり発熱したらしいけど、この機種は
 全然熱くならない。
 放熱スリットも側面にしかないので、天板にスリットがある場合
 に比べてホコリが入りにくいのでGOOD。天板にモノを置けるし。

5)説明書通りにしても、なぜか東芝製TVのコントロールが、
 チューナー側のリモコンで出来ない。なぜ?
 →と、思って再び試したらうまく出来た(4月8日)。ヨカッタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »