« ハイビジョンのエアチェック(その2) | トップページ | Rec-Pot M 導入(その2) »

Rec-Pot M 導入

一晩考えましたが、結局購入する事にに決定。

お昼休みに、デオデオへ。レジに行く前に、なにげにD-VHS
のデッキが置いてあるコーナーを覗いたら、三菱の最廉価
D-VHSデッキ HV-HD500が安かったんで、一瞬どっちに
しよーかなー、と悩みました^^;

総合レジに行って、取り置きしてもらったRecPotとご対面。
色は、通常色ではなく、限定のホワイトです。ジョーシンの
通販サイトでも限定色として紹介されてたモノです。特別な
ロゴが本体にあるわけではありません。

ただ、型番の末尾がMではなく、MDとなっており、外箱にも
限定色とかいてあります。
TX-1と合わせる為、本当は通常色の方が良いのですが、
仕方ありません。

このモデルは、東芝のOEM用に作ったヤツの流用なの
しょうか?ま、そのへんは良くわかりません。

購入する際、確認したら”家電”扱いという事で、(会員なので)
5年間保障がつくそうで安心しました(なにせ、HDD積んだ製品
ですから)。初モノという事で、どこも一律に近い値段ですから、
近所で、なおかつ長期保障付きで買えてヨカッタと自分に言い
聞かせました(笑)。

さて、今日は妻の誕生日でもあるので、夕方早めに退社し、
注文しておいた誕生ケーキ等を受け取り、家路を急ぎます。

RecPotは箱から出し、仕事で使ってるブリーフケースへ(包装
用のビニールで保護したまま)入れて、(バレないように^^;)
帰宅します(こういう時、小さいモノは助かります)。

食事が終了し、妻も子供と一緒に寝たのを確認し、早速セット
開始~。i-link機器なんで、電源ケーブルとi-linkケーブルを接続
するだけで、アッという間に終了。

チューナーの方も、あっさりRecPotを認識してくれ、マニュアル
を読みながら、番組の予約を行います。
マニュアルは、TX-1で使用する場合を事例として挙げて説明
してあったので、ユーザーとしては有難かったです。

丁度、明日がWOWWOWのハリー・ポッター、デーという事で
試しに字幕版の第1作、2作を予約しました。

途中、妻が起きてきましたが、RecPot本体が小さい為、新しい
機器が増えた事に気づきません。先ずは、ホッとしました(苦笑)。

さて、明日は無事、予約録画できるでしょうか?(つづく)


|

« ハイビジョンのエアチェック(その2) | トップページ | Rec-Pot M 導入(その2) »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/486605

この記事へのトラックバック一覧です: Rec-Pot M 導入:

« ハイビジョンのエアチェック(その2) | トップページ | Rec-Pot M 導入(その2) »