« DVD+R DLドライブ発売 | トップページ | 壬生義士伝 »

気になる記事

気になった記事を2つ。
一つは、Rec-Pot Mの記事。

アイ・オーも、今回の機種は家電製品とのマッチングを考えて、
薄型で、占有面積の大きいデザインに変更したとか。
まだまだ、家電量販店でのセールスについては、難しい点も
多いようですが、売れ行きは好調とのコメントも掲載されている
ので、今後も頑張って欲しいものです。

もう一つは、SONYのPSXの記事。

鳴り物入りで登場した(?)にもかかわらず、販売数では随分
苦戦しているようですね。そのかわり、同社の「すご録」は好調
で、シェアを伸ばしているようです。

松下と比べて、SONYの方が高価格というイメージを多くの人が
持っていると思いますが、今回の「すご録」は、かなりの安売り
攻勢だったようですね。

「すご録」の開発プロジェクト名は、 「Gプロジェクト」だった
らしいですが、その意味は「G=ジンギスカン」ということから、
ジンギスカン→ジンギスカン鍋→ラム肉を食う→DVD-RAMを食う
→松下、東芝等のRAM陣営のシェアを食う

というモノらしいです。思わず、ホンマか?と突っ込みたくなる
ネーミングです。
また、ネーミングといえば、松下のDVDレコのブランド名が世界
共通の「DIGA」で、SONYの方が国内しか通じない「すご録」と、
従来の両者の商品戦略の逆転現象についても、触れられて
います。

個人的には、DVDレコよりも、Blu-Rayの方に、早く廉価機種が
登場して欲しいです^^

|

« DVD+R DLドライブ発売 | トップページ | 壬生義士伝 »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/614442

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる記事:

« DVD+R DLドライブ発売 | トップページ | 壬生義士伝 »