« 気になる記事 | トップページ | HiVi 6月号 »

壬生義士伝

たまたま、夕食を終えてWOWWOWを観てたら、
壬生義士伝が始まったので、そのまま観る事に。

p_mibu2.jpg


おおまかなストーリーは知っていたのですが、
観るのはこれが初めてでした。

新撰組については、それほど詳しくはないので
ナンですが、やはり、佐藤浩市=斎藤 一には、
ちょっと違和感を感じました(キャスティングという
意味では、NHK大河の芹沢の方が、イメージに
近いですね)。

お話自体は、なかなかヨカッタと思いますが
(そうでなかったら、途中で観るのを止めたでしょう)、
なぜか大画面で観たいとは思いませんでした。
(36インチのTVで鑑賞しました)

個人的な思い込みかもしれませんが、”邦画”は、
どうもTVで放送する時の事を考えてか、一般的な
家庭のTVで鑑賞した時に、一番良く見えるような
画創りをしているような気がします。
劇場に映画を観にいって、邦画の予告編と、洋画の
予告編を観ると一目瞭然だと思います。


ハリウッド的なド派手な画面だけがいいとは思いません
が、もう少し大画面を意識した画創りをして欲しいと
思いますね(せっかく、お話は面白いんですから)。

|

« 気になる記事 | トップページ | HiVi 6月号 »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/626055

この記事へのトラックバック一覧です: 壬生義士伝:

« 気になる記事 | トップページ | HiVi 6月号 »