« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

松下ブルーレイ(その2)

いよいよ、松下Blu-rayが発表されました!

本体前面のデザインは、それほど嫌いじゃありません。
んが、しかし背面写真見るとi-link端子が無いじゃないですか!!

って事で、コレってPot Mとは連携出来ないし、将来的に
松下ブランドでPot MのようなHDDが出ても接続出来ない
んですね。

というわけで、期待してましたが、個人的にはハズレ
でした^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

松下ブルーレイ

いよいよ、明日、松下のBlu-rayが発表に
なるようですね!

SONYは今夏、新機種の発表は無いようなので、
この松下Blu-rayの第一号機がどうなるのか、
非常に関心があります^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶TV

友人が液晶TVを買うかも?という事で、オススメの
機種を教えてくれとの相談を受け、ちょっと調べて
みて気付いた点をいくつか。


あ、ちなみに調べたメーカーは、シャープ、松下、東芝、
日立、SONYの5社の最近のモデルだけです^^;

その1)液晶で37インチ以上の製品は、(今のところ)
5社中、シャープと東芝だけ。

その2)シャープ、日立、SONYはチューナーと本体が
    セパレート化されているモデルがあるが、
    松下、東芝にはない。

その3)一部の製品には、パネルが16:9ではなく、
    15:9のモデルがある。

その1)については、てっきり全社37インチのモデルがある
と思っていたので、意外でしたね。プラズマとの棲み分けや、
パネルの供給等の事情によるのでしょうか?

その2)については、各社のスタンスの違いがあるようですね。
個人的には、多少、画質は落ちるかもしれませんが、せっかく
の薄型TVですから、セパレートにした方がスッキリして良いかも
と思いました。日立なんかは、積極的にセパレートである事を
アピールしてますね。

その3)については、15:9のせいで上下が切れて表示される
ケースもあるみたいで、このヘンは、もっとメーカーがキチンと
説明すべきですね。

しかし、各社のカタログを見て感じたのは、どのメーカーの
カタログにも、背面パネルの写真等を掲載していない事。
また、DVDプレーヤー、ビデオ等とケーブル接続した写真
も掲載されていませんね。
薄型TVの魅力をアピールする為だとは思いますが、実際には
当然ケーブル類が這うわけで、このあたりの理想と現実の
違いを、専門誌や雑誌、ネット等の各メディアは、もっと一般の
消費者に説明していかなくてはいけないんじゃないか?と
感じました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカン・ヒーロー

待ってた甲斐がありました!!懐かしの海外TVドラマ、
「THE GREATEST AMERICAN HERO(アメリカン・ヒーロー)」
が遂にDVD-BOXシリーズでリリースです。

HERO.jpg

確か、日曜日の深夜(?)に放送されていたと思います。
”ボク、高校教師のラルフ・ヒンクリーです~”のOPナレーション
は、今でも良く覚えてますし、主題歌も好きだったなあ。

主人公(吹き替え 富山敬)と、相棒(吹き替え 小林 修)の
掛け合いは、絶妙でした。

残念ながら、本放送前のパイロット版(?)のTVスペシャルは、
リリースされないようですが、とりあえす本編だけでもヨシと
しましょう。かなり、リーズナブルなお値段ですし^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HiVi 7月号

台風直撃だけは、なんとか避けられそうな中、
書店でHiVi 7月号を買ってきました。

hivi0407.jpg

最近、立ち読みばかりで、全然買ってなかったわけ
ですが、”夏のベストバイ”特集という事で、久しぶりに
買ってみました。

以前は、ベストバイの、プロジェクター部門や、DVD
プレーヤー部門、AVアンプ部門の結果に興味津々
だったのですが、とりあえず満足できる機器に出会えた
ので、フムフム・・・と読み流す程度でした^^;

ただ、フルHDやHDMIなんかが当たり前になってくると、
この状況もガラっと変わってくるのでしょう。

DENONなんかのミドルクラスのDVDプレーヤーでも、
DVI、HDMIの両端子を装備するみたいで、今後一気に
普及していくんでしょうか?

昨日、AV機器ラック背面のクリーニングをしたんですが、
増えていくケーブルには、その取り回しだけでなく、
コストにも跳ね返ってくるんで困ったものです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

がんばる!?D-VHS

ビクターが、HDMI出力付きのD-VHSをリリース
するようです。

HDMI.jpg


HDMIという事で、デジタルハイビジョン信号をダイレクトに出力
できるワケですね。しかも、デジタル音声までケーブル1本で
OKなワケですから、やはり便利です。

予想価格は、10万5千円前後という事で、個人的には
微妙な値段ですが・・・^^;

現状でも、増え続けるケーブルにはマイっているので、
HDMI対応は羨ましいです。HDMI付きのプロジェクター、
AVアンプ、DVDプレーヤーなら、かなりスッキリするで
しょうね^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・コア

一昨日の日曜日に、WOWWOWで放送された、ザ・コアですが、
Rec POT Mで録画したモノを昨晩鑑賞したんで、その感想です。

core.jpg

ザ・コアですが、あらすじ等は、こちらをご参照下さい^^
丁度、1年位前に公開された映画ですね。

地球の中心核(コア)が停まって地球の危機!→核爆発の衝撃で核を
動かすんだ!という、逆アルマゲドンというか、なんというか、まあ
ある意味、安直なストーリーではあります。

主人公が、科学者であることや、軍との対立なんかが出てくる事
から、学生時代にハマった、J・Pホーガンの「創世記機械」みたい
な展開をちょっとは期待したワケですが、期待した自分がバカでした^^;

途中でつっこむのも、バカバカしくなるような、トンデモ映画
でしたね。
ま、これを劇場公開で観たら暴れると思いますが、家でソファーに
寝そべって、ビール片手に観る分には、許容範囲内でした
(こうして、blogのネタにもなりましたしw)。

これでヒロインが、もっと好みのタイプなら、また評価も変わるの
ですが。
ただ、意外だったのは、てっきりくっつくと思った主人公と、ヒロイン
が(明確には)くっつかなかったこと。
大抵、こういう場合、二人だけ助かって、抱き合ってチューして
終わりだと思ったのですが(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

面白い記事

アスキーのwebで、アキバのショップに聞く
「私が会った不思議なお客さん」という、
アンケート記事が面白かったです。

やはり、色々なお客さんがいるようです。

これの、AVショップ版も読んでみたいですね。
AV機器の場合、やはりPCに比べて高価なんで、
スゴイ買い物をされる方も多いでしょうね^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、買った本

昨日は、台風が接近する中、良く行く模型屋さん
で、戦車模型誌「アーマー・モデリング」をフライング
ゲットしてきました。

書店ルートではなく、模型屋さんルートというワケなのか
模型誌だけは、地方でもフラゲできます^^;

この雑誌自体は、毎月購入するわけではなく、内容を見て
購入してるんですが、今月号は、もうすぐ発売されるタミヤの
新製品「陸上自衛隊 軽装甲機動車 イラク派遣仕様」の
レヴューが掲載されていた事もあって、購入を決めました。

light.jpg

キット内容は、タミヤが自国のモノをつくるんだから、間違い無い
でしょう。工場発送が6月16日らしいので、18日位には店頭で
購入出来そうで、今から愉しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メガゾーン23

何故か急にメガゾーン23PART1のラストで流れる、
「淋しくて眠れない」という挿入歌が聴きたくなり、ヤフオクで検索。
新品未開封品を当時の定価でGETしました。

mz23.jpg

↑このCD自体は、PART3が発売された後、91年発売の
 モノでした。

オリジナルビデオアニメ「メガゾーン23」については、こちら
の公式ページを参照して下さい^^;

さて、この作品、PART1が85年リリースという事で、もう20年近く
経ってしまいました。85年って事は、当時17才ですから、高校2年
だったんでしょうか。
バイクや、東京に憧れたあの当時、劇中のセリフで
「今が一番いい時代・・・」
という、セリフがありますが、
正にその通りだったなあ、と今でも思います。

ラストで、主人公がライバルにボロボロに負けた後、渋谷の町を
彷徨う時、「淋しくて眠れない」が流れるわけですが、これがもう
堪らなく良いです。
大学に入学した後、実際に渋谷に遊びに行った時も、ああ、
此処がラストシーンの場所だなあ、と感動したのを覚えています。

ただ、CD購入を機に、ちょっとネットで検索してみたら、意外にも、
PART1のラストについては否定的な意見が多くて驚きましたね。
確かに、為す術もなく、負けてしまう主人公で、当時としても珍しい
エンディングだったわけですが・・・。もしかしたら、リアルタイムで
観ていない人の感想かもしれません。あの当時、あの年齢で、
この作品に出会えた事は、幸せな事だと思っています。

なんか、久しぶりにDVD-BOXの方も観たくなってきました。
ただ、やっぱりこの作品はPART2までですね。PART3は封も
切っていません^^;

あと、PART2のラストで「格好いい大人に憧れた・・」
という主人公に対して、「じゃあ、あなたがそういう大人になれば
いいのよ・・」とヒロイン(?)が答えるセリフも妙に記憶に残って
います。
今、思い出してもベタなセリフですが、確かに自分もあの時、
「格好いい大人」になりたいと願っていましたから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輸入CD問題・・これで大丈夫かな?

HMVと、タワレコの共同声明が行われました。

大手が、早々に声明を発表してくれた事で、とりあえず
一安心してます。

この件についは、大勢の方がご尽力された事と思います。
そうした方々に感謝です^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オークション

最近、仕事が忙しかったり、トラブルがあったりで
かなり、ストレスがたまってます^^;

一番のストレス解消は、 ”買い物”なワケ
ですが、衝動買い出来そうな範囲で、買いたいモノもなく、
悶々としています。

ま、そんな時はヤフー・オークションでAV機器等の出物を
漁ったりするわけですが、時々、とんでもないモノが、かなり
低い価格で出品されてたりします。
まあ、他の人が気付きませんように、と思っても、そういった
モノは結局、みんな気付いて相場の落札価格に落ち着き
ますが・・・。

やはり、もっと軍資金を貯めねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴ、ゴミですか??

今は、マンションに住んでるんですが、先日、「燃えないゴミの日」
に、パソコンのディスプレイが捨てられていました。

なんか、どこかで見たカタチです。そう、知ってる人は、知っている
SONYのGVM-1411でした。

gvm.gif

gvm2.jpg


SONYのGVM-1411といえば、まだ国産PCでは、NECの
PC-9801シリーズが全盛の頃のモニターです(WINDOWS3.1
すら無かった時代ですな)。

パソコン用のCRTディスプレイとしては、当時標準の14インチです
が、マルチスキャンという事で、98シリーズのハイレゾモードや、
Macにも対応しているし、コンポジット、S入力まで可能という仕様
でした。
また、細かい数値は、忘れてしまいましたが、当時の標準的な
ドットピッチに比べて、半分くらいのピッチという事を”売り”にした、
モニターでした。まあ、その分値段は、高いし、重たかったのですが。

また、AMIGAという、当時人気のあった、海外製のパソコンにも
接続できる事から、AMIGAユーザーにも人気がありました。

私自身、学生時代にAMIGAにハマり、AMIGAを扱っていた、
オーディオ・ユニオン御茶ノ水店でアルバイトをしていた時、この
モニターの存在を知り、店長に頼んで、このモニターを仕入れて
もらった記憶があります。バイトで貯めたお金で、自分でも、この
モニターを購入しましたし、またお店に来てくださったAMIGA
ユーザーの方にも、随分売りました(笑)。

それにしても、オーディオ・ユニオン御茶ノ水店でのアルバイトは、
非常に楽しかったです。今、思えば、あの時もっと色々、視聴とか
経験させてもらえばヨカッタと思います。

マルチスキャンという事で、DOS/Vの時代になっても、かなり
長い期間使えたので、結構イイ買い物だったと思います。
(モノを捨てられない性格なんで、モニターもAMIGAもしっかり、
実家に保管してあります。)

しかし、そんな思い出深いモニターと、早朝から対面したのには、
驚きました。もっと、驚いたのは、同じマンションの住人に、この
モニターを持っていた人がいるって事。決して、一般的なモニター
じゃなく、かな~りマニアックなものですから・・・。

ホームシアターも結構一般的になってきてるんで、そのうち
プロジェクターが捨てられるようになるかもしれませんね。

ちなみに、帰宅してみたら、ロビーの掲示板には、しっかり、
”テレビは、家電リサイクル法に基づいて、電気店に、有料で
引き取ってもらって下さい”と注意書きがありました^^;


| | コメント (2) | トラックバック (0)

輸入CD問題・・結局

興味をもって、その動向を見守ってきた、CDの輸入
をめぐる、著作権法改正問題ですが、結局、原案
通りの可決となってしまい、非常に残念です。

反対を表明していた、大手ショップが、今後どのような
対応をとっていくのか等、実際にどのように、この改正
が運用されていくのか、わかりませんが、引き続き
興味をもって、見守り続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »