« AV事始め(再燃編) | トップページ | AV事始め(再燃編その3) »

AV事始め(再燃編その2)

昨日は、誕生日という事で、何人かの方にお祝いの
メッセージをいただき、嬉しかったです。この場を借りて、
お礼申し上げます。

さて、再燃編その2です。この当時は、プレステ2前夜という
時期で、DVD専用機は買う気無い(プレステ2で代用する
つもりだった)けど、とりあえず早くDVDを愉しみたいんで、
それならパソコンで再生しちゃえ、という時期でした。

ちょっと、当時の状況を思い出すと、たしかCPUの性能なんか
が向上してきて、RealMagic等のハードウエアDVD再生ボード
を購入しなくても、なんとかDVD再生ソフトだけでDVDの再生
が出来るようになった頃だったと思います。

初めて、使ったDVD再生ソフトは、PowerDVDでした。
DVD-ROMドライブを買うと割引き価格で購入出来るし、
当時から再生が安定しているという事で定評がありました。
秋葉原のパーツショップで、ドライブとソフトを購入しましたが、
たしか、両方合わせても1万円はしなかったと思います。

ドライブ交換、ソフトのインストールは問題無く完了。
DVDソフトを再生させると、あっけないほど簡単に、PCのモニター
上に再生画像が映し出されました。

初めて観るDVDは、”キレイだなあ”と思いましたが、どちらか
といえば、DVDを観れてうれしい!というよりも、無事、自分
のPCで再生できてホッとした、という気持ちの方が強かった
ですね(笑)。

この頃は、まだHiViなんかは購読してなくて、自作パソコン系の
雑誌を読んで、今で言うHTPCみたいな事を楽しんでました。

無事、ソフト再生に成功すると、今度はやはりDVDの大きな
メリットのひとつである、マルチチャンネル再生を試してみたく
なったのでした。

そこで、ちょっと調べてみると、マルチチャンネル再生
楽しむには、まずもって光出力付き(当時は、光出力、デジタル
出力と言うよりは、もっぱらSPDIF端子と言ってたと思いますが)
の音源カードが必要という事を知りました。

当時の事をちょっと説明すると、まだ光出力付きの音源カード
は、一般的ではなかったですし、DVD再生ソフトにしても、
音声のデジタル出力が可能なソフトは少なかったです。また、
対応する音源カードもかなり制限されているような状況でした。

前述のPowerDVD自体、当時のバージョンではデジタル出力
不可で、バージョンUPで対応しますと予告しているような情勢
だったのです(ちょっと今からは、考えられませんが^^;)

当時使っていた音源カードには、もちろん光出力端子は無かった
ので、早速、新しい音源カードを捜すことにしました。
ここらへんから、段々と、暴走(あるいは、迷走)がはじまります。


                               (つづく)


|

« AV事始め(再燃編) | トップページ | AV事始め(再燃編その3) »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん誕生日おめでとうございます。
暑い8月生なんですね。

連載のAV事始めは段々盛り上がってきてますね。プレステから専用機へ走るあたりが一つの山場でしょうか(笑)。

今後の展開楽しみにしてます。

投稿: nao | 2004/08/08 15:22

naoさん、こんにちは。

>Sasaさん誕生日おめでとうございます。
>暑い8月生なんですね。
ありがとうございます。ただ、根性無しなんで、
この暑さにはまいりますね^^;

AV事始めの方も、なかなか思い出せない事が
あったり、記憶違いがあったりと意外に書く
のに苦労してます(人間の記憶なんてものは、
結構いいかげんですね)。

>今後の展開楽しみにしてます。
ご期待に添えるように、がんばりま~す^^

投稿: Sasa | 2004/08/09 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/1134155

この記事へのトラックバック一覧です: AV事始め(再燃編その2):

« AV事始め(再燃編) | トップページ | AV事始め(再燃編その3) »