« AV事始め(再燃編その4) | トップページ | AV事始め(プレステ前夜) »

AV事始め(再燃編その5)

お盆休みは、昨日まででしたが、皆さんいかがお過ごし
だったでしょうか?

私は、電話番で出勤したりと、完全に休みだったのは、
土・日だけだったんで、なんかあんまり休みをとったと
いう気がしません^^;

土曜日は、家族・両親とお出かけでした。泊まったホテル
の部屋で、オリンピック柔道決勝戦を観ましたが、妻が
一言”自宅のテレビに比べて、すごく見辛い!”と言った
のを聞いて、ここぞとばかり、(私の趣味も)家族みんなに
貢献してるでしょ、と強調しました。

ま、ホテルの部屋のTVは14インチのインターレスで、
BSアナログですから、自宅の36インチ、プログレ、BS
デジタルとは比較にならないのは無理もありませんね。

さて、前回SONYのワイヤレスヘッドホンで擬似マルチ
チャンネルを体験したところまで、書きました。

確かに、導入して最初の頃は、おお、さすがDVD!、
さすがマルチチャンネル!と舞い上がり、効果が確認
し易いチャプターを繰り返し再生したり、妻にも試させて
みたりと楽しんだのですが、そのうちに不満な点を多く
感じるようになってしまいました。

その不満点とは、

1)ワイヤレスヘッドホンの為、どうしてもボリュームを
  あげると、ノイズがひどくなってしまう。

2)やはり、擬似マルチチャンネルの弊害なのか、
  例えていうなら、自分がドラム缶の中に入っている
  と仮定して、そのドラム缶を四方から叩かれてる
  ようなカンジと言えばいいのでしょうか?とにかく、
  ヘンな残響感の方を強く感じるようになった。

3)5ch分は確かに感じられるけど、肝心の0.1ch、
  すなわちサブウーファーに割り振られるべき、重低音
  部分は、全然体感出来ない^^;

でした。ま、ある意味、この製品の仕様上、どうしようも
ない点ばかりなので、ここでSONYを恨むのは本来筋違い
なのですが(もっと勉強してから、買えばよかった・・・)、
当時の自分は、”なんとかならないだろうか?”と考え、
カタログ等でも推奨されていた、SONYの高級(?)
ヘッドホン、MDR-F1を購入する事を決めたのでした。

                      (つづく)


|

« AV事始め(再燃編その4) | トップページ | AV事始め(プレステ前夜) »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/1212513

この記事へのトラックバック一覧です: AV事始め(再燃編その5):

« AV事始め(再燃編その4) | トップページ | AV事始め(プレステ前夜) »