« FOMAでハンズフリー | トップページ | TA-P9000ES(その3) »

TA-P9000ES(その2)

TA-P9000ESの導入にあたって、困った事がひとつ。

事前にわかっていた事ですが、増えるケーブルが
悩みの種です。

・AVプリとP9000間で5.1ch分(6本)。
・P9000とパワー間で6本。
・AACデコーダー代わりのDENONのAVアンプと
 P9000間で6本

で計18本になります^^;

うーん、ケーブル代も馬鹿になりません。
当座は、余ったケーブルをかき集めると
しても、長さ・メーカーもバラバラなんで
早急にグレードUPしたいところ。

候補としては、以前DVDプレーヤーを購入した、
根布産業さんのところの、
ピンケーブル(銀コーティング高純度銅より線使用)1組7140円
(50cm)はどうかな?と思っています。

これでも、一気に18本となると、7140*9組で6万円を超えてしまう
ので、かなり予算オーバー^^;

他にも、探してみましたが50cm位の長さで丁度良さそうな
ケーブルはなかなか無いんですよね。

もちろん、もっと予算があれば選択肢は沢山あるのですが、
dejavuの掲示板でP9000は、端子間がそれほど
大きくない為、ある程度以上のケーブルは(プラグも大きくなる為)
使用できないと教えてもらったので、できるだけコスト
パフォーマンスの高いケーブルを選びたいところです。

こういう時、田舎にいると実物をみて選ぶ事が出来ないんで
悲しいところです。

おすすめのケーブルがあれば、教えて下さい。
できれば、ネットで注文できるメーカーが良いです。

皆さんの情報をお待ちしてます^^


|

« FOMAでハンズフリー | トップページ | TA-P9000ES(その3) »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/1809874

この記事へのトラックバック一覧です: TA-P9000ES(その2):

« FOMAでハンズフリー | トップページ | TA-P9000ES(その3) »