« マルチチャンネルプリ | トップページ | BDZ-S77アップデート »

CEATEC JAPAN 2004

Blu-ray VS HD-DVDも段々と盛り上がってきましたね。

個人的には、SONY、松下に続くBlu-ray陣営3番手の
メーカーがどこになるのか気になるところです。

Philipsが参考に発表したモデルは、なかなか洒落た
デザインだと思います。

一方、CEATEC JAPAN 2004でのSHARP(3番手の本命?)
のBDレコーダーは、今イチのデザインですね^^;
その分、HDD搭載やi-LINKなんかが搭載されれば期待
できるんですが。

さて、CEATECといえば、気になる機種がひとつ。
SONYの新型デジタルチューナーユニット、VGP-DTU1

これってVAIO用となってるけど、普通に単体チューナーとしても
使えるんですよね?
って事は、事実上DST-TX1の後継機って事か!。
タテ置き出来るトコと、DVI出力が良いなあ。

ハイビジョン放送のDVI出力できるチューナーって
コレだけだよな、と思って同時発表された、VAIO
フルHDディスプレイの報道資料
をよ~く読んだら、

「VAIOフルHDディスプレイ」が備えるDVI端子は、
デジタル映像の著作権保護技術(HDCP)に対応。
VAIOに録画したデジタルハイビジョン番組もそのまま
のクオリティーで映し出します」

って事で、どうやらVAIO本体に録画したハイビジョン番組
だけ!DVI出力するようです。がっくし。

|

« マルチチャンネルプリ | トップページ | BDZ-S77アップデート »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/1598935

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC JAPAN 2004:

« マルチチャンネルプリ | トップページ | BDZ-S77アップデート »