« D-VHS到着! | トップページ | 年末年始エアチェックリスト »

D-VHS到着!(その2)

さて、HM-DHX2の箱を抱えて帰宅した
私を見た妻は、当然の如く、その中身が
なんなのか聞いて来ました。

妻「それ、なに?」
「いやあ、ちょっと早めに、サンタさんが
  プレゼントをくれたのよ」

妻「ええ?(と、いいつつ結構ウケたみたい」

お!コレは機嫌が良さそうだぞ!(ラッキー)
と感じたので、

「いやいや、年末年始は良い映画が多いんだよ」
とか、
「前にも、ちょっと話したよね?」
等と誤魔化して、ウヤムヤにしてしまいました^^;

これで、一番大きな障害は回避できました。
(ふいー、一安心)


機嫌が良かったのは、長男に関する事だった
みたいです。
妻の話を聞きながら、相槌をうったりして、
ビデオの方から、うまく話しをそらせる事が
できました^^

夕食を食べながら、MOVE実験用に、5分間
ほどの情報番組を録画しました。

妻が先に寝た後、箱から取り出し、いよいよ
セッティング開始!

内容物は、本体、マニュアル、リモコン、ケーブル類
とかなりシンプル。

肝心の本体ですが、片手でも持ち上げられる位の
軽さ!。か、軽い!とちょっと驚いてしまいました。

保護用の梱包材を外して、いざ、ご対面~となった
わけですが、フロントの鏡面処理してある部分に
ベッタリと、複数の指紋の跡が・・・(泣)。

ただでさえ、チープな外観なんだから、もう少し気を
使ってくれよ、ビクターさんよお、という気持ちになり
ましたね、ホント。

今では、ほとんど使用していない同社のD-VHSデッキ
HM-DR10000位の質感が、最低でも欲しいところですね。

気を取り直して、セッティングをつづけます。一応、
マニュアルを横に置いて、ネットの掲示板で得た
注意事項等を思い出しながら、セッティング。

先ずは、Rec-PotMをD-VHSモードに切替え。
その後、Rec-PotM--DST-TX1--DHX2と
接続し、お互いを認識させました。

試しに、さきほど録画した情報番組をMOVE開始。
結果、あっけないほど簡単にMOVE完了!

当然、Rec-PotMからは、さきほど録画した情報
番組のデータは削除されています。

チューナーから、D-VHSを操作し、録画データを
確認しましたが、ブロックノイズ等がでる事も無く、
無事MOVEされたようです。

まあ、考えてみれば動作確認されている機種
ですから、出来て当然なわけですが、そうは
いっても意外にトラブルが出やすいのが、i-Linkの
困ったところなんで、うまくいってホっとしました。

いよいよ、次は本番です。自分としては、失敗しても
一番惜しくない、「マトリックス・リローテッド」をMOVE
する事にしました(笑)。

待つ事、2時間ちょっと。その間、DENONのAVアンプ
のプリアウトと、SONYのTA-P9000ESの5.1ch入力を
接続したりしました。
うーん、ラック背面はいよいよケーブルがゴチャゴチャ
になってきました。もっと整然としたいところです。

そうこうしてるうちにMOVE完了。冒頭部分を再生
しましたが、どうやらうまくMOVEできたようです。
深夜なので、大声は出せませんが、思わず
ガッツポーズ!!!ヤッター!!

ちょっとDHX2を見直したのは、テープを取り出した
時のこと。てっきり、かなり熱を持ってるとばかり
思ったのですが、そうでもありません。

本体を触っても、全然熱くなっていませんでした。
前モデルや、HM-DH35000なんかは、かなり熱く
なったように聞いているので、ここらへんはシッカリ
改良されているという事でしょうか?

とりあえず、今日はここまで!
残念ながらプロジェクターに接続する時間はありません
でしたが、早く大画面で観てみたいですね^^


|

« D-VHS到着! | トップページ | 年末年始エアチェックリスト »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/2265736

この記事へのトラックバック一覧です: D-VHS到着!(その2):

« D-VHS到着! | トップページ | 年末年始エアチェックリスト »