« 近況報告 | トップページ | コンピューターおばあちゃん! »

HiVi 11月号

検査入院中は、暇だったので、HiVi 11月号
を熟読しました。

Hivi0511

ソニーのAVセンター、TA-DA9100ESの記事中に
前モデル(TA-DA9000ES)との仕様比較が
掲載されていました。

以前のエントリーで、SONYはアップグレードする
はず(というか、しなきゃマズイでしょ)ってなカンジ
でコメントしましたが、比較表をみると、こりゃ
かなり変わってますね^^;
無責任にコメントしちゃいました。

自動音場補正に加えて、DSPの変更、フロント
バイアンプ駆動、HDMI等々、かなり変わって
ますね。

果たして全ての機能がアップグレードされるので
しょうか?

DENONなんかだと、DSPのアップグレード等が
やり易いように、ボードが一部スロット式になって
いたようですけど、SONYはどうなんでしょうね?

アップグレード費用はいくら位になるのかなぁ?
等とユーザーでもないのに、色々と考えてしまい
ました(笑)

|

« 近況報告 | トップページ | コンピューターおばあちゃん! »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、こんにちは。

確かに別記事では、本田雅一氏による
かないまるさんへのインタビュー記事も
ありましたね。9100ESは"モンスター7000ES"
らしいので、7000ESユーザーとして結構
気になります。

投稿: mkubo | 2005/11/02 12:51

mkuboさん、こんにちは。

>9100ESは"モンスター7000ES"

 この表現、すごく気になりました。
 なんか、コレだと
 9100ES>>>7000>9000のような
 印象を受けてしまいました。

 僕が9000ESユーザーだったら、怒った
 かも(笑)

 逆に7000ユーザーだと嬉しいでしょうね。

 ま、そのくらい7000のコストパフォーマンス
 が優れているってことでしょうか。
 こういう表現をするあたり、かないまるさんは
 ある意味”正直”な人なのかもしれませんね。

投稿: Sasa | 2005/11/02 17:07

正確に言うと、本田氏なりの表現ですね。

簡単に解説すると、
9100ESは7000ESと9000ESの良いところが
合わせたようなものです。”繊細”の7000ES
、”力強い”の9000ESという評価でしたが、
9100ESはその評価が合わせたようなAVアンプです。

9000ESを擁護するなら、
なぜ9000ESユーザーの本田さんが7000ESに乗り換えなかった理由を以下の記事で述べています。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/12/news055_3.html

>こう文章にすると「DA9000ESを買ったばかりなのに悔しいんだろう」と思われるかもしれないが、
>実は全く悔しくない。ある面、DA7000ESが超えていることは確かだが、超えられない部分もあるからだ。

投稿: mkubo | 2005/11/02 17:25

失礼。URLのミスだったようで、もう一度張ります。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/12/news055_3.html

投稿: mkubo | 2005/11/02 17:29

連投ですみません。
あれ?^^; URLの表記がおかしいみたいね (記事が分かったら、連投した部分を削除してもかまいません。)
行き方を説明します。
かないまるさんのHP→
「ITmedia」に載った、フリーライター本田さんの記事がすばらしいです。
→3ページ目を見てください。

投稿: mkubo | 2005/11/02 17:34

mkuboさん、こんにちは。

>正確に言うと、本田氏なりの表現ですね。

 あ、ホントだ!ページの最初に、かないまる氏
 の写真が掲載されていたので、スッカリ勘違い
 してました。

 申し訳ないッス>本田さん、かないまるさん^^;

 本田さんのコメントだとすると、よく理解でき
 ました。

投稿: Sasa | 2005/11/05 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/6826312

この記事へのトラックバック一覧です: HiVi 11月号:

« 近況報告 | トップページ | コンピューターおばあちゃん! »