« DMP-BD10A導入記(1) | トップページ | DMP-BD30登場! »

DMP-BD10A導入記(2)

週の始めに到着と、タイミング的にはかなりBADでし
たが、週末に時間をつくって、ようやく本格的にイジ
る事が出来ました。

まず、本体そのものの印象ですが、値段の割には
思ったほどチープではないです。

天板も含めてほとんど真っ黒ですが、国内の製品
だとシルバーを入れて高級感を出そうとして、かえっ
てチープになっちゃった、なんて例はたくさんあるの
で黒一色ってのは、ある意味潔くて正解だと思い
ます。

背面の端子類を見ても、値段の割にはしっかりして
るなぁ、という印象を受けました。

リモコンは、正直かなりショボイです。
ですが、AUDIOボタンが独立して設けられていて、
BDソフト再生時にわざわざTOPメニューに戻らなく
ても、再生中にAUDIOボタンで音声を切り替え
(LPCM→DolbyDigital等)出来るのは非常に便利
ですね。

収録音声の比較を行う時に大変便利です。他の
Pana機でも出来るんでしょうか?

そういえば、このリモコン、もし壊れちゃったら大変。
リモコンだけ取り寄せるってのもなんだし、壊れる
前に学習リモコンを買わないといけないかもしれ
ません^^;

BDを再生する前に、まずは本体の設定ですが、
雑誌等の記事と比較すると、どうやら設定画面は
国内のBDレコの設定画面とほとんど同じようですね。

一番肝心のマルチチャンネルのスピーカー設定です
が、雑誌に載っていたBW200の設定画面と同じよう
でした。

センターチャンネルとサラウンドチャンネルのみ、
スピーカーの距離に応じて音声のディレイが出来
ますが、ディレイの数値(0~5ms)を選択するだけ
なので、かなりアバウトと言えるかもしれません。
ま、このへんはAVアンプには敵わない点でしょうね。

で、本体の設定を終えたら、いよいよBDソフトの再生
です。

最初に再生するのは、やっぱLPCM音声を最大限
体験してみたいって事で、定番の「イノセンス」です。


                          (つづく)

|

« DMP-BD10A導入記(1) | トップページ | DMP-BD30登場! »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

現状ではPS3限定ですが、
PS3→HDMIセレクター→TA-DA5300ES→HDMI→DVI(1080p)→QUALIA004でリニアPCMのマルチがほぼ再生出来る事が分かりました。
セレクターのメーカーはまだ言えませんけど嬉しいデスね。

投稿: 結うまい | 2007/10/28 12:47

5300ESきました。
ハッキリ言ってアナログアンプでは別格の音が出ます。
吃驚しました。
ネットでは不評ですが、聴けば納得しますよ。
お勧めです。

シャーシ等の剛性はもっとあげて欲しいとは思いますが、そうなれば40万クラスになるでしょう。
でも現在でも、音は50万クラスのハイエンド並みですからね。20万は安いと思います。

投稿: 結うまい | 2007/10/30 23:29

結うまいさん、こんにちは。

ちょっとバタバタしていてレスが遅れました^^;

5300ES導入おめでとうございます!
QUALIA004でのリニアPCMもOKになったようで
2重の喜びですね。

発売後、結構時間が経ってもあまり値段は下落
しないような気がするので、欲しいと思ったら
予約してでも購入ってのが正解だと思います。

PS3との相性も良いのでしょうね。

詳細なレポ楽しみにしています^^

投稿: Sasa | 2007/10/31 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/16860732

この記事へのトラックバック一覧です: DMP-BD10A導入記(2):

« DMP-BD10A導入記(1) | トップページ | DMP-BD30登場! »