« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

ダイ・ハード4.0視聴

先日届いたソフトの中から、ダイ・ハード4.0を
視聴しました。

実は、ダイ・ハードシリーズって先日WOWOWで
HV放送するまで観た事なかったんですよねぇ。
お恥ずかしい^^;

WOWOWで観たシリーズ1作目は、なるほど
大ヒットしたのも十分うなずける内容でした。
あぁ、もっと早く観ておけばよかった・・

一応、シリーズ2作目、3作目も録画はしたの
ですが、あまり評判が良くないので、実はまだ
観ていません。

さて、かなり間隔が開いてしまった4作目ですが、
前評判がかなり良かったので、期待して観ま
した。


今回主人公が巻き込まれるトラブルは、規模が
デカすぎて、ちょっとどうかな?という気はしまし
たが、シリーズ伝統(?)の無線通話での
”おちょくり”には笑ってしまいました。

完璧に思える敵方が、アナログ親父全開の
主人公にからかわれて、どんどんボロが出て
しまうところが本シリーズの醍醐味ですね^^

再生はBD10AのDTS-HD MA(のコア部分)
音声でしたが、ホント、スピーカーが壊れる
んじゃない?って心配になるほどの迫力!
「音」が「面」で迫ってくるような印象を受け
ました。

普段、映画を観る時には、マンション等と
違って、好きなだけボリュームを上げられる
ので、ガンガン鳴らすのですが、さすがに
今回はちょっと絞りました。

それにしても、FOXさん、いい加減メニュー
画面をつけてくれないかなぁ?
いきなり、本編がスタートしてしまう仕様
にはどうにもなじめません。

それから、字幕もヒドイ・・・
主人公のセリフ「やるっきゃない」
ナイデショ、いくらなんでも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ついついポチっと

昨日は、AmazonのBlu-rayソフト70%OFF
祭りにのせられて、ついつい下記のソフト
をポチっとしてしまいました。

・ワールド・トレード・センター(70%OFF)
・ナイト・ミュージアム(50%OFF)

ついでに
・ダイ・ハード4.0(26%OFF)

ダイ・ハードはてっきりスパイダーマンの
様に、BOXのみと勘違いしていました。

私の場合、結構遅い時間に注文したの
ですが、他にも掘り出しモノがあったよう
ですね。こういった「祭り」は大歓迎です^^

ただ、M:i-3だけは70%OFFでも遠慮して
おきました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DMP-BD10A導入記(3)

せっかくの導入記ですが、更新をサボってた
為に、当初の感動が段々薄れてきてしまい
ました^^;

とはいえ、後継機のBD30は、次世代音声の
アナログOUTは出来ないみたいですし、さすが
Pana製品というべきか、導入後ノートラブルで
稼動してくれているので、もはや我がシアターw
にはなくてはならない存在です。

さて、音がスゴイと評判の「イノセンス」を一番
最初に再生したわけですが・・・・

例の「キルゾーンに入ったわよ・・・」からの
シーン、蛍光灯のジ、ジって音が本当に(自分の
部屋の)天井の方から聞こえるよ!っと驚く間
もなく、その後のガラスケースが割れる音等、
こ、これがLPCMのサウンドですか!とたたみ
かけられます。

その後の、暴力団への殴りこみシーンでの
銃撃戦では、ホント「音(サウンド)が体じゅうに
ささってきて痛い!」と感じましたよ。

比較の為に、ドルデジやDTSに切り替えて視聴
してみましたが、ドルデジとLPCMを比較すると
一聴してLPCMの方が情報量が多く、また聴き
易く感じました。

DTSとLPCMの比較では、DTSが予想以上に
健闘しているなぁという印象。
ブラインドで聴かされたら、間違ってしまうかも
(苦笑)。

それにしても、私の環境(720PのDLPプロジェクター)
では、もはや映像が音に完全に負けていますね^^;

うぅ、やっぱフルHDのプロジェクターが欲しいぃ。

その後も、手持ちのBlu-rayソフトを取っ替え、ひっか
え試しました(ま、AVファンが新ハードを導入した時
のお約束ですな)。

手持ちのソフトだと、「フィフス・エレメント」のリマスタ
ー版だけが、DolbyTrueHDとLPCM5.1の2本立て
でしたが、正直、両者の違いをコメントするのは
(私には)難しいっす。

BD10Aユーザーにとっては、次世代音声はDolby
TrueHDとLPCMの同時収録が一番望ましいのです
が、FOX系はDTS-MAのみ収録ですし、頼みの綱の
SONY系も今後はLPCMが減っていくような気もする
ので、ちょっと心配ですね。

動作速度ですが、PS3のバカっ速にはかないません
が、強烈に遅い!ってほどでもないです。
普通に使うには、十分許容範囲内だと思います。

残念なのは、やはり各所に見られるチープさでしょう
か。イジェクトされるプラスチックのへなへなトレー
とかを見ると、DENONのBDプレーヤーなんかだと、
多分このへんの振動対策とかもキチっとやってくる
んだろうなぁと感じますね。

ま、色々と不満も言いましたが、BD10Aの異常なw
コストパフォーマンスの高さには、そういった文句も
吹き飛ぶでしょう。今回のお買い物、私にとっては
大正解でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DMP-BD30登場!

BD10Aの導入記(3)を書こうと思ったら・・・・

北米Panaから、新型のDMP-BD30が発表
されてしまいましたw

やはり、クリスマス商戦前に出てきましたね。

大きなスペックUPは、

・1080/24p Playback
・HDMI™ V.1.3 with Deep Color
・High Bit Rate Audio Bitstream Output
 (Dolby® Digital Plus, Dolby® TrueHD, DTS™-HD)

といったところでしょうか。
国内の新型BDレコにも搭載されるという

・PHL Reference Chroma Processor
も搭載されるようですね。


逆にスペックDOWNは、

・148.5MHz/12bit Video D/A Converter
・5.1ch Audio Output

といったところでしょうか。

ビデオDACについては、HDMI接続なら関係
無いですし、アナログOUTも7.1から5.1に減った
とはいえ、国内向けの新型レコから5.1chOUT
が無くなってしまったのに比べれば、はるかに
マシでしょう。

スペック表をよ~く見ると、HDMIでのDTSマスター
オーディオのビットストリーム出力は出来ない
ようですけど、ファームウェアのアップグレードで
対応できれば良いですね。

それにしても、これがわずか$499とは!
日本でも発売してくれよっ!と思う人は多いと
思うんだけどなぁ>松下さま

購入後、わずか数週間で旧機種になってしまい
ましたが、意外とショックは少ないです。
それだけBD10AのCPが高かったという事で
しょう^^

まだまだ未見のソフトが多いですから、じっくりと
BDライフを楽しみたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »