« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

トランスフォーマー:リベンジ

先週土曜日、早速劇場に足を運びました!

トランスフォーマー:リベンジ

Tfr


多少、尺が長くて中盤ちょっとダレましたが、前作よりも
良かったですね!


見事な「オトコのコ」映画でした!

友人曰く、トランスフォーマー青春白書(笑)


前作ではちょっとなぁ~ってカンジの主人公
でしたが、今回は色々と成長して良いカンジ
です。

ヒロインもイケイケの容姿のワリには、性格は
(主人公に対しては)純情で、これまた日本人好み。

逃げ回る際には、惜しげもなく、胸がブルンブルン
でした~。


前作から引き続き登場するキャラも多いのですが、
なんといってもセクター7の、あのオッサンが最高!!


まさかの再登場でしたが、前作のイヤミなキャラから
一転、頼れる仲間として大・大活躍です。


このオッサンが主役のスピンオフが出来るんじゃない?
と思う位の活躍でしたね(劇場でも一番ウケていました)


それにしても、前作以上に下らねぇ下ネタが多かった
ですね~。ファミリー向けの映画に、ここまでヤルとは。
やっぱりマイケル・ベイ。
アホです^^;


少し気になったのは、序盤のオプティマスと主人公の
会話シーン。

バンブルビーが主人公を迎えに来て、オプティマスの
ところの連れて行くのですが、編集がおかしいのか、
ちょっと急な展開に感じました。


他にも?なシーンがあったので、もしかしたら色々と
カットしているのかもしれませんね。


トランスフォーマー達の変形シーン、戦闘シーンは
やはり観る価値がありますね。

なぜか、前作よりもオプティマスが強くなっているのが
不思議(それとも、メガトロン様が弱体化したのか?)


早くBDでリリースして欲しいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うーん、残念!

リリースを楽しみにしていた、WATCHMEN ウォッチメンのBD
ですが、残念ながら、日本版は劇場公開版のみ収録で、
北米版のように、ディレクターズ・カット エディションは収録
されないようですね!

 パラマウント、「ウォッチメン」をBlu-ray/DVD化
-短編付の3枚組用意。Amazonのマスク同梱版も


UK版なら、もしかして?と淡い期待を抱きましたが、どうやら
UK版も劇場公開バージョンのみ収録のようです。


 映画番長の銀幕旅行
  ウォッチメン

うーん、残念!!

劇場公開版に更に24分もプラスした、ディレクターズ・カット版
はどうしても観たい!

あ~、でも北米版だと日本語字幕な無いだろうなぁ~。


多分、字幕無しをガマンして、北米版・日本版の両方を買う事に
なりそうです^^;

一番良いのは、日本版が発売前に仕様変更をしてくれる事
ですが。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

デデンデッデッデン!

先週土曜日の先行上映に行ってきました!


ターミネーター4 Terminator Salvation


前作がアレな出来でしたし、全米公開でも初登場1位になれ
なかった等、なにやらイヤ~な予感はしましたが、そうはいっても
「ターミネーター」。
やっぱ劇場に行くべきでしょう!と友人と一緒に観に行きました。

シネコンは、相変わらず「ルーキーズ」目当てのお客さん
でいっぱいでしたね。

あんまり事前知識無しで観たのですが、正直、何をやりたい
のか?何を見せたいのか?よくわかんないストーリーでした。
(あ、ストーリー自体はチョー単純ですよ。「売り」がなん
なのか?よく伝わってこなかっただけです)

終盤のサプライズゲスト?も全然サプライズになっていないし。

何より、未来世界のターミネーターの「弱さ」に涙・涙・・・

通常兵器でバンバンやられちゃうターミネーターって・・・

ターミネーターが全然怖くないよ~・・・


じゃあ、映像がスゴイ!かといえば、そんな事も無く、
トランスフォーマー・リベンジにボロ負けの予感です。


と、まあ結構ボロクソに言いましたが、ひとつヨカッタ
のは、映画を観終わった後に、友人との会話が
盛り上がったこと。

ストーリー自体が、既にパラドックスだらけなので
「あそこはおかしい」や「なんであーなってるの?」
等、ツッコミいれたり、まぁハナシのネタには困り
ませんね、この映画は(笑)

そういう意味では、なんだかんだいっても観にいって
よかったデス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・トレック

先週土曜日、劇場に足を運びました!

Startrek09_2


まず、驚いたのは受付ホールの混雑ぶり。

なんで、こんなに混んでるの??と、思った
のですが、理由は簡単、映画版「ROOKIES」の
公開初日だったんですね。

まぁ、まさかスタトレ目当てじゃないだろうとは
思いましたが、一瞬アセりました。


スタートはPM21:00~のレイトショー。思った
よりも人数は多く、ちょっと意外でした。


今作は、オリジナル・スター・トレックの純粋なリメイク
っていうよりは、最近はやりのリ・イマジネーション
ってヤツでしょうか、オリジナルを尊重しつつも、色々
と違う点も見受けられます。


特にカーク船長のキャラクターは、「女性に見境がない」点は
同じですが、かなりの「オレさま」的イケイケ野郎なので、
ちょっと違和感があるかも。


ミスター・スポックは十分及第点ではないか、と思います
(まぁ、元が強烈なキャラクターですから、誰が演じても
 そこそこのデキにはなるかのもしれませんが)


予想以上にヨカッタのが、ドクター・マッコイ!
風貌、雰囲気がオリジナルの役者さんを彷彿
とさせるナイス・キャスティングだったと思います。


ストーリー自体は、カーク船長誕生までを描くもの
で、今までの設定と矛盾する点もありますが、
スタトレらしい「ある方法」で「コレは、こういう世界
なんです」と説明しています。


監督はともかく、脚本家は「トレッキー」を自認するほど
なので、有名な「コバヤシ丸テスト」をはじめ、色々な
小ネタをちりばめているようですね。


そのせいか、「トレッキー」からの反響は悪くないよう
です。アメリカではヒットしているようですから、是非
次作にも期待したいですね。


さぁ~て、今週末は、ターミネーター4だっ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »