« 3D Blu-ray Player(その2) | トップページ | 初期型PS3 HDD換装 »

BRAVIA HX800&BDT100で3D体験

BDT100ですが、ラックにセットして先ずはファームウェアの
更新!

初期ファームを確認したら、Ver.1.04。現在のバージョンは
1.22と結構更新されてました。

LANに接続してネットワークアップデートでもよかったのですが、
念のためファームウェアをダウンロードしてCD-Rに焼いて
読み込みさせました。

ファームウェアの更新自体は、全自動で問題なく進みましたが、
同じPanaのBD55に比べてやたら時間がかかったので、少し
心配になりました(汗)

ネットワークアップデートだと、もっと時間がかかったかも。
やはりCD-Rからのアップデートが確実ですね。


心配していたアップデート後のエアチェックBD-Rの再生ですが、
AAC音声もHDMI接続でOKでした!

LPCM 2chに変換されて出力されているようです。


とはいえ、北米Panaのこと、いつAAC不可になるか分からない
ので、しばらくファームUPは控えようと思います^^;


昨夜は時間が遅かったのですが、設置ついでにSONYの
キャンペーンで届いたディスクの中から、

ソニー ブルーレイ・体験デモディスクを再生。


ディスプレイのHX800も、問題なく3D信号を感知して
3Dモードに切り替わり、デモが再生されました。


メニューを確認すると、結構な数のデモが収録されていて
お得な気分になりました^^


映画のデモ類(特にディズニー系)は奥行き感を感じさせる
ものが多かったですね。

一方、水族館のデモは、まさに「飛び出す」感覚の3D映像。

最初はバカにしてましたが、魚や波が手前にグワっとくる
カンジはなかなかヨカッタです。

こちらの方(飛び出すデモ)の方が一般ウケは良いかもしれ
ません。

映画館では、3D画面しか見えませんが、実際にリビングで
視聴すると、家具や壁はフツーに見えるのに、TVの映像
だけ浮き上がって見えるので、これはこれでなかなか面白い
体験でした。


ワタシの場合、眼鏡の上に3Dメガネを重ねて観る事に
なったのですが、3Dメガネは軽くて、あまり調整しなくても
キッチリ、フィットして視聴中にズレるような事はなかった
です。


ただ、装着感は個人差もあるので、今後家族に見せたら
どうでしょう?

もしかしたら、普段メガネをかけていない人の方が違和感が
大きいかもしれないですね。

あと、3Dメガネをかけた事による画面の暗さは否めないですね。
また、ゆっくりしたシーンはともかく、ちょっと速い動きになると
とたんに違和感を強く感じました。

まぁ、このあたりは今後改善の余地はまだまだ大きいので
しょうね。

全部チェックする時間はなかったので、およそ10分程度色々な
デモを視聴しましたが、結構眼が疲れました。

とりとめもなく色々と書きましたが、個人的には十分”アリ”
だと感じました。

他のソフトやゲーム類も徐々に試してみようと思います~


|

« 3D Blu-ray Player(その2) | トップページ | 初期型PS3 HDD換装 »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、おはようございます。

3D体験、羨ましいぃーーー!
ソニーの3D眼鏡も良さげなんですね。
自分、まだパナのしか体験してないので
電気屋さん行ってみようかなぁ〜
良質な3D映像は奥行き重視みたいですね。
長時間疲れさせず、視聴させるコツみたいです。

それにしても羨ましい限りですぅ。

投稿: uos | 2010/12/09 08:03

uosさん、こんにちは。

量販店だと、どうしても気恥ずかしくて
集中できませんが、やはり自宅で楽しめる
のは良いです。

受験生がいる為、PS3とGT5はまだ試せていない
ですが、ゲームも試してみたいですね^^

投稿: Sasa | 2010/12/09 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/50234481

この記事へのトラックバック一覧です: BRAVIA HX800&BDT100で3D体験:

« 3D Blu-ray Player(その2) | トップページ | 初期型PS3 HDD換装 »