« 高校生レストラン | トップページ | ブルータス 最高の朝食を »

耐えて勝つ!

交流戦前まではなんとか調子良かったカープ
ですが、ここ最近は連敗続き・・・・


投手陣の調子は悪くないので、なんとかここで
踏ん張って欲しいところです。


さて、そんな中、ちょっと嬉しいニュースが!


古葉監督、大学野球で胴上げ
=元広島の名将、4年目の栄冠
-東京新大学野球


  東京新大学野球春季リーグ戦で31日、
 元プロ野球広島監督の古葉竹識氏(75)が
 率いる東京国際大がリーグ加盟27年目で
 初優勝を果たした。

  就任4年目の古葉監督は、かつて広島を
  3度日本一に導いた名将。大学球界でも
  大きな花を咲かせた。

 勝ち点を取れば優勝が決まる最終カードの
 杏林大戦。前日に王手をかけ、この日は11-2
 で七回コールド勝ちした。

 勝ち点5の完全優勝に、古葉監督は
 「チームが一つになった結果。いい子たちに恵まれた」
 と孫のような選手をねぎらった。


 古葉監督は選手たちに「耐えて勝つ」と言い聞かせ、
 野球の厳しさを通じての人間形成を目指してきたという。

 山田亮太主将は「野球以外に、社会に出ても通じる
 あいさつや礼儀、身だしなみにも厳しい」と話した。

古葉監督の座右の銘 「耐えて勝つ」

久々に聞きました(読みました)!

懐かしいいっ!!


古葉監督が監督に就任し、カープ黄金期を築き
始めたのは私が小学生の頃。

子供というのは現金なモノで、「弱いチーム」は
応援しません。

それまで、野球といえば「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」
といった漫画・アニメの影響もあって地元の子でも
カープを応援している子は少なかったと思います。

それが勝ち始めるようになって、巨人の野球帽を
かぶっていた子も一斉にカープの赤い野球帽を
かぶるようになりました(笑)

私もカープのロゴ入り木製バットを買ってもらった
思い出があります。


古葉カープの全盛期、山本浩二、衣笠、高橋慶彦といった
「打」のスター選手も多かったですが、やはり「耐えて勝つ」
の真骨頂は「投手陣」!

「江夏の21球」で、1979年の日本シリーズが
一般には有名ですが個人的に印象に残っているのが
1984年の日本シリーズ。


相手パ・リーグ阪急ブレーブスの4番打者
ブーマーはレギュラーシーズン三冠王を獲得。

正直、どこに投げてもホームラン打つんじゃねえ??
というくらいの怖さがありましたが、この
ブーマーをシリーズ第1戦に登板した山根投手が
得意のシュートで完璧に抑えます!!

この勝利でカープ投手陣はブーマーに対する
恐怖感を払拭したのか、攻略法を見つけたのか
とにかくシリーズ中、ブーマーに仕事をさせま
せんでした。

あぁ、こんな事を書きつづると、ついつい
今とのギャップが・・・^^;


やっぱり優勝争いをして欲しいですね!!

|

« 高校生レストラン | トップページ | ブルータス 最高の朝食を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、こんばんは。

>古葉カープの全盛期
自分も小学生、強い赤ヘル
鮮明に憶えています!
あの頃のドラはカープに
手も足もでませんでした。
日本シリーズでもセリーグ代表のカープを
めちゃ、応援してました。
本当に赤ヘル軍団、強かったぁ!
アイルランド、長嶋、小林、新見、レーシッチ!

山根投手、憶えてますよ。
なつかしぃー、ノーワインドアップで投げる
重い豪速球と、右打者の外角への大きく落ちる球
大舞台に強いイメージが凄く有りますぅ。

自分も昔の事語らしたら
終わりませんよ…

投稿: uos | 2011/06/02 22:35

uosさん、こんにちは!

さすがuosさん!
中日だけでなく他球団の事がスラスラ
出てくるなんて!

>大舞台に強いイメージが凄く有りますぅ。

そうなんですよね!
(逆に北別府投手はシリーズに弱かった
 ような^^;)

そういえば古葉監督と中日戦といえば、
山本浩二に首位打者のタイトルをとらす
為に、中日の井上選手に満塁で故意四球
をやったりしましたね^^;

投稿: Sasa | 2011/06/03 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/51823829

この記事へのトラックバック一覧です: 耐えて勝つ!:

« 高校生レストラン | トップページ | ブルータス 最高の朝食を »