« iControlAV2(iPhone版)レビュー | トップページ | iControlAV2(iPad版)レビュー »

ボトムズ 15時間@WOWOW

WOWOWで10月に一挙放送されるようです。

装甲騎兵ボトムズ 最新作登場記念15時間スペシャル!

世代を超えた人気を誇るリアル・ロボットアニメシリーズが
満を持してWOWOW初登場!
TV初放送の最新4作品を含め作品世界の時系列順に一挙放送する。

1983~84年にテレビシリーズが放送されてから、劇場映画やOVA
(オリジナルビデオアニメ)など、30年弱にわたり作品が発表され
続けてきたリアル・ロボットアニメの金字塔「装甲騎兵ボトムズ」
を全作品放送する!

 “ボトムズ”とは、人型ロボット兵器AT(アーマード・トルーパー)と、
その乗り手のこと。アストラギウス銀河で繰り広げられる“百年戦争”
の末期、ATを操る兵士キリコ・キュービィーが成長する中で自分の
出生の謎を探り明かしていく過程が物語の軸になる。

迫力あるロボット同士の戦闘シーンに加え、SFサスペンスとして、
冒険活劇として、ラブストーリーとしてまでも楽しめる奥深さが作品
の大きな魅力だ。
 テレビシリーズ、OVA、劇場版などの作品群は、作中での時系列
とは違った順番で発表されているが、今回の一挙放送では、
作中の時系列順に並び替えて放送。

テレビシリーズ(1983~84年放送)以前の物語、キリコが特殊部隊
レッドショルダーに配属される「レッドショルダードキュメント・野望
のルーツ」(1988年発売OVA)からスタートして、テレビシリーズの
32年後が舞台になる「幻影篇」(2010年発売OVA)まで、キリコの行動を
追っていく。

また、キリコが主人公ではない“新世代”ボトムズの最新作
「Case;IRVINE」「ボトムズファインダー」も登場!


時系列順という事で、傑作OVA「野望のルーツ」からオンエア
というファンには嬉しいラインナップです。

ちゃんとTV総集編ウド編とクメン編の間にOVA「ザ・ラスト・レッドショルダー」
が挿入されているところも良いですね。


【ラインナップ】
装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ(1988年発売OVA) 
『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』(2009年公開映画)
装甲騎兵ボトムズ ウド(1983~84 年放送テレビ総集編(1))
装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー(1985 年発売OVA)
装甲騎兵ボトムズ クメン(1983 ~ 84年放送テレビ総集編(2)) 
装甲騎兵ボトムズ サンサ(1983 ~ 84年放送テレビ総集編(3)) 
装甲騎兵ボトムズ クエント(1983 ~ 84年放送テレビ総集編(4)) 
装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル(1986年発売OVA) 
装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 #1 ~#5(1994年発売OVA) 
装甲騎兵ボトムズ 孤影再び(2011年発売OVA) 
装甲騎兵ボトムズ 幻影篇#1 ~#6(2010年発売 OVA) 
装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE(2011年発売 OVA) 
ボトムズファインダー(2011年発売 OVA) 


まったく、WOWOWはたま~にこういうコトしてくれるから困る
なぁ(笑)

またHDD整理しなきゃ^^;

それにしても「ボトムズ」も息が長いですね!

模型に興味が無い方はご存知ないかもしれませんが、
ボトムズに登場するAT(アーマード・トルーパー)、いまだに
ほぼ毎月何かしら新製品のキットがリリースされています。
ガンダムに比べればメディア展開がほとんどないだけに
コレはホント驚異的です。

スコープドッグを最初に見た時、なんじゃコリャ!?と当時の
ワタシらガキんちょは思いましたが、アニメで動くスコープ
ドッグを見てコロリとヤラれましたから。

ザク、初代ガンダムと並ぶ傑作デザインですね。


「何でも作るよ。」の倉田さんが作られた1/1 ブルーティッシュ・ドッグ。

コレ見るとホント鉄のカタマリでシビレますね~

Img_20050405t141046811


昨年、愛媛県松山市の美術館に展示されたのですが、
残念ながら行けず・・・

また今度、関西方面に来て欲しいですね。


|

« iControlAV2(iPhone版)レビュー | トップページ | iControlAV2(iPad版)レビュー »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、こんばんは。

自分「装甲騎兵ボトムズ」も未見…
TVの初期版
少し興味がありますぅ「装甲騎兵ボトムズ」
時間があったら観てみようかなぁ〜?

投稿: uos | 2011/08/28 20:42

uosさん、こんにちは。

ボトムズ未見でしたら、時系列的に一番最初の
お話となる「野望のルーツ」、TV版総集編
(特に初期ウド編、クメン編)、ウド編と
クメン編の中間エピソード、ザ・ラスト・
レッドショルダがはオススメです。

ガンダムのようにヨコに広がったり
ナナメに広がったりせず、よくもまぁ
30年近く続けられるものだと感心します。

当時は寡黙な主人公、兵器として乗り捨てられる
ロボットに驚きました~

投稿: Sasa | 2011/08/29 07:59

Sasaさん、こんにちは。

先日、熊本城の情報はおかげで助かりました。
結果的には時間が無くて巡れませんでしたが、あまりの広大さに駐車場でも何処が良いのか迷ってグルグルしてしまいました。新幹線の時間があったので外堀をドライブしただけですが、デカさは半端なかったです。

ボトムズ話は止まりませんが、「地獄の黙示録」のようなクメン編、野望も異端もラストRSも大好きでした。
メルキア機甲師団特殊任務班X-1?でしたでしょうか?(暗記してます)
底辺野郎キリコがスコープドッグの中で寝るシーンが、暗さもあるけど寡黙な生き様にシビレました。

投稿: ゼブラ | 2011/08/30 11:06

ゼブラさん、こんにちは。

>熊本城の情報はおかげで助かりました

いえいえ、少しでもお役に立てたようで
ヨカッタです。

やっぱりデカイですよね^^

熊本市内、渋滞が多かったですよね。


>ボトムズ話は止まりませんが

そうですか!嬉しいです^^

無口でハードボイルドな主人公、当時は
画期的でしたよね。

TV版は次回予告(銀河万丈氏のナレーション)も
よかったですね。

「キリコが飲むウドのコーヒーは苦い・・・」とか
懐かしいです。

投稿: Sasa | 2011/08/30 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/52571995

この記事へのトラックバック一覧です: ボトムズ 15時間@WOWOW:

« iControlAV2(iPhone版)レビュー | トップページ | iControlAV2(iPad版)レビュー »