« VSA-LX55ハイレゾ音源再生に挑戦(その2) | トップページ | AIM電子 HDMIケーブル »

月刊HiVi 2011年9月号

久々にHiVi誌を購入しました。

1109


すこし前から表紙の紙質が変わってますね。
コストダウンの一環なのでしょうか?

HiVi誌、デジタル配信版も興味があるのですが、
紙媒体と同じ値段なのは、残念です。

せめてバックナンバーくらいは安くならないの
でしょうかね~


さて、今月号を購入したのは・・・

•特集4 10万円で始めるハイレゾ再生術


◦方法1 ハイレゾ仕様AVセンターを手に入れよう
◦方法2 USB-DDCで現有AVセンターをハイレゾ対応へ
◦方法3 基本? ハイレゾ対応USB-DACを使いこなす
◦方法4 ユニバーサルプレーヤーの再生機能を活用する
◦方法5 便利で使いやすいネットワークプレーヤーを使う
◦方法6 ヘッドフォン+USB-DACの高密度システムを活かす

という特集が目当てです。

最近各方面で話題のハイレゾ音源の再生法、なかなか
まとまって紹介されています。

特に、方法2の現有AVセンターでのハイレゾ再生対応は
ちょっと目からウロコでした。

ここ数年のAVセンターの多くは同軸入力でハイレゾ音源
の入力に対応しているんですねー!

これなら確かに手持ちのPCと安価なUSB-DDコンバーターで
ハイレゾ音源再生が楽しめますね。

ただ、今回自分でネットワークを組んだりNASを使っての再生
では色々とトラブルもありました。

やはり一番簡単なのは方法5のユニバーサルプレーヤーを
使っての再生でしょうね。

OPPOベースのモノならNASを使わず接続・認識の簡単な
USB-HDD等にハイレゾ音源ファイルをコピーするだけでOK
です。

OPPOのBDP-93なら米尼で$499と、円高の今ならお安く
輸入できそうですね。

OPPOの難点は日本語ファイル表示に対応していない、
iPhone等によるコントロールが出来ないことでしょうか。

国産のユニバーサルプレーヤーで上記の機能を持った
モノが安価でリリースされればベストですね。

記事でリファレンスとして紹介されていた音源、自分でも
試しにダウンロードしてみたいと思います^^

|

« VSA-LX55ハイレゾ音源再生に挑戦(その2) | トップページ | AIM電子 HDMIケーブル »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、こんばんは。

今月のHiVi「ハイレゾ記事」良かったですね!
自分みたいな素人にもハイレゾの基本が
理解出来ましたぁ。

それと一つ前の記事で
Sasaさんとajisaiさんとのやり取りですを
読ませていただき、思ったのですが
「各Chがバラバラに大音量」
「それをパワフルな音」
多分、そうだと思います。

自分もAV始めた若かりしとき
恥ずかしながら
大音量がパワフルだと思ってましたぁ。
段々、オヤジになっていき
それなりの機材を揃え、インストラーさん達に
確実に機材達をインストールしてもらうと
今回のSasaさんと全く同じ様に感じましたぁ。

でも、幾らボリューム上げても正確に調整した機材達は
全く疲れないし、五月蝿く無いんです。
今まで聞き取れなかった音色が聞き取れるし
ハッキリした音像になって感じ取れるんですよね。
特に専用のTHEATERを作ってからは
機材達のMAXに近いポテンシャルを
身にしみて体感出来るようになりました。
AVって奥が深いですよね!

スポーツカーはアウトバーン
4WDは悪路を走らせないと
本当の良さ理解出来ないですもん。

こんな感じの拙い例えで良いですかね?(爆)
???ちょっと、違うかなぁ?(苦笑)

投稿: uos | 2011/08/23 20:38

uosさん、こんにちは。

>今月のHiVi「ハイレゾ記事」良かったですね!

そうですね!是非定期的な連載にして欲しいです^^

>多分、そうだと思います。

やはり、uosさんもそう思われますか。

ひとつの環境(今回はアナログ接続環境)が
長いと環境を変えた時、良くも悪くも色々な
印象を受けますね^^;

色々とイジっても感覚だけではなく、数値データ
で確認出来るのはMCACCの強みですね。

これから時間をつくって色々と試してみます^^

投稿: Sasa | 2011/08/24 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/52548047

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊HiVi 2011年9月号 :

« VSA-LX55ハイレゾ音源再生に挑戦(その2) | トップページ | AIM電子 HDMIケーブル »