« VSA-LX55 ハイレゾ音源再生に挑戦! | トップページ | 月刊HiVi 2011年9月号 »

VSA-LX55ハイレゾ音源再生に挑戦(その2)

さて、前回はネットワークオーディオ機能の
ハイレゾ音声再生のところでつまづいて
しまいました。


カンの良い方は、前回の時点で「ハハ~ん」と
思われたかもしれません。

実はワタシ自身、トラブルが発生した時から、
ふたつほど思い当たるコトがありました。


ですが、まずトラブルのモトをハッキリさせる
為にひとつずつ検証していきましょう。

まず最初にダウンロードしたファイルが壊れて
いる事を疑いました(実際はそんな確率は
かなり低いと思いましたけどね^^;)


同じHPから別の音源(192kHz、24bit)をダウンロード
して視聴してみました・・・

やはり、再生されるものの途中でブツブツと
再生が飛び飛びになります。


音源ファイルが2つとも壊れている可能性は
低いので、ファイル自体の破損はないだろう
と判断しました。


次に、192kHz 24bitより下位の96kHz 24bit音源
で試してみる事にしました。


同じHPから96kHz 24bit音源をダウンロードし、
いざ再生!


・・・・バッチリ最後まで音飛び無く再生できました!!


これで96kHz/24bitの再生OKを確認できました。


44.1や96ならOKで192になるとNG・・・・


どうやら、最初に思い当たった通りのようです。


そう、理由として思い当たったのは・・・

  1)ネットワーク(無線化)による遅延

  2)NASの性能

の2つです。

まずは、1)の無線化による遅延を試してみました。

とはいえ、iPod/iPadのアプリでコントロールする
為には、どこかで必ず無線化が必要になります。

そこで大モトのバッファローMobileWiFiを附属の
クレードルにセットし、3G回線を利用したインターネット
モードから単なるネットワークモードに切り替え
ました。

インターネット接続は出来なくなりますが、単に無線LAN
の親機として機能する為、通信速度は向上するはずです。


接続を切り替えて、いざ再生・・・・

やはり、ダメでした。

再生出来るもののやはり音飛びします。

・・・・やはり、最後の手段のようです(^^;)


新しいNASを買いに行きました(爆)


購入したのは、同じバッファロー製の

LS-V2.0TL(2Tバイトモデル)というNAS。


Lsvl

高速CPU採用という事で、パッケージにもデカデカと
「USB HDDに比べ転送性能が約1.8倍向上!」
等と謳われています。

早速、開封しセットアップ。


本体は1ドライブなのでコンパクト。ACアダプタも
小さければもっとヨカッタのですが。


NASの設定は、前のモデルとほとんど同じなので
設定はサクサク進みました。

ハイレゾ音源ファイルをNASにコピーして再生
アイコンをポチっとすると・・・・


「無事完走!」です~~!!!


再生が飛び飛びになる事もなく、バッチシ再生
出来ました(ワー、パチパチ!)


念のため、より大きい一曲300MBほどの192kHZ/24bit
音源も再生してみました。

こちらも、オッケーっ!!


いやぁ~、ホっとしました~


ハイレゾ音源で聴くクラッシックはさすがによかった
です~
臨場感というか包囲感が格別に感じました^^


まずは、メデタシです。


さて、ここでなぜ新型NASに交換した事で
うまくいったか?
自分なりに考えてみると・・・

どうやらパッケージに謳われた転送速度の向上の
恩恵よりも、高速CPUの採用によるDLNAサーバー
としての能力向上ではないかな~~??
と思っています。

NASを利用したハイレゾ音源の再生では多くの場合
DLNAによるメディアサーバー機能を使いますが、
より高品位なデータの配信の為にはより高速な
CPUが必要ではなかったのかな~?と感じました。

まぁ、専門家ではないので何とも言えませんが、
ひとつ言えるのは、これから始める方は、やはり
出来るだか新製品のNASを買いましょう(笑)

と、いう事です。


ハイレゾ音源のコレクションも面白そうですし、
既存CDのアップサンプリング等々、まだまだ
色々な事にチャレンジしてみます!!


|

« VSA-LX55 ハイレゾ音源再生に挑戦! | トップページ | 月刊HiVi 2011年9月号 »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、おはようございます。

自分なら確実にめげてました。
やっぱり、最新の技術には最新の製品なんですね…
ハイレゾかぁ〜バリバリのPC系なので
それなりの知識がいりますね…

>色々な事にチャレンジ
凄く楽しみ
次の記事も期待してますぅ。

投稿: uos | 2011/08/22 09:30

uosさん、こんにちは。

>自分なら確実にめげてました。

いやぁ、ワタシも何回かメゲそうに
なりました。

お金出して「苦労」を買っているように
も思えます^^;

まぁ、こういう事も含めて楽しむのが
趣味かもしれません。

ちょっぴり経験値が上がったような気も
します(笑)

ハイレゾ音源の再生はまだまだ奥が
深いので研究してみます~

投稿: Sasa | 2011/08/22 17:12

ハイレゾ再生、無事上手く再生されたようで、おめでとうございます。
私も興味あります。
まぁ、実践するとしてもまだまだ先になるでしょうが…
それにしても、結局ネットワーク系の知識が必要になりますよね。
トラブルシューティングの実際も含めて、結構敷居が高いように感じます。

投稿: Horka | 2011/08/23 01:50

Horkaさん、こんにちは。

>上手く再生されたようで、おめでとうございます。

ありがとうございます。
もっとスンナリ行くかと思いましたが、
なかなかトラブル続きとなりました^^;

その分、経験値がちょこっとUPした
ように思います。

ワタシの環境ではなんとか独力で解決できました
けど、環境によってはドツボにハマっちゃう
可能性もありますね。

投稿: Sasa | 2011/08/23 08:05

今話題のハイレゾ、うまくいって良かったですね!!!

なんか難しそうですね。
更に、お金も掛かりそう(涙)

LX55の感想ですが、それからどうですか?
やはり、大人しい印象でしょうか?

他の方のブログでも、MCACCを使うと、上下切り取られた感じがすると言って、ものによっては、オフで使われているなんて読みました。

う~~~~ん、考えちゃいますね。

投稿: ajisai | 2011/08/23 12:30

ajisaiさん、こんにちは。

>更に、お金も掛かりそう

今回は既存のモノで間に合わそうとしたので
余計な手間がかかってしまいました^^;

>LX55の感想
>大人しい印象

アナログ接続の時は、極端に言うと
各Chがバラバラに大音量で鳴ってた
んだと思います。
それをパワフルな音だと勘違いして
いたんですね。

ディスクに入ってる情報をよりキチンと
再生しているという意味ではやはり
今の方が正しいのでしょう。

今後の調整ですが、センタースピーカー
の位置をちょっと変えてみようかな~等と
考えています。

一度に全部イジるとワケがわからなくなる
ので、少しづつ調整していこうと思います~

投稿: Sasa | 2011/08/23 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/52538070

この記事へのトラックバック一覧です: VSA-LX55ハイレゾ音源再生に挑戦(その2):

« VSA-LX55 ハイレゾ音源再生に挑戦! | トップページ | 月刊HiVi 2011年9月号 »