« Perfume 4大重大発表!!!! | トップページ | Perfume新譜予約 »

MCACC結果2D表示

先日センタースピーカーを移動した際のMCACC
結果について、記事を書いてみます。

グラフ表示は3D表示の方がカッコは良いのですが、
わかりにくいので2D表示版をUPしてみます。


(2D表示版)

・センタースピーカー補正(前)

M2

・センタースピーカー補正(後)

M2_2


このグラフはReverbe(残響)特性グラフで、
アプリケーションのHelp(用語解説)によると、

Ws000048


・・・と解説されています。

一読しただけでは、正直ナンノコッチャ??です^^;


もっと詳しい説明が欲しいですね~


グラフ(補正前、補正後)と用語解説を見比べながら考察すると、

補正前は各周波数帯(赤:63Hz、オレンジ:125Hz・・・等)によって、
レベル(dB)がバラバラである事がわかります。


補正後は30~50msの時間位置で各周波数帯のレベルを
57~59dB辺りに揃えている事がわかります。


2D表示にすると、各周波数帯でかなり色々とイジっている事が
一目瞭然ですね。

例えば、補正前はグラフに現れない赤:63Hzが補正後のグラフ
では一気にドーンと補正されている事がわかります。

また、補正前グラフでは54dBあたりの周波数帯も一気に
59dBあたりに補正されている事がわかります。


やはり、2D表示の方が比較する時にはわかりやすいです。

アプリケーションのバージョンアップで補正前、補正後のデータ
をより見やすく一覧表示出来るような機能が加われば
ありがたいですね。


色々と考えるのは楽しいです。

ネットで色々と検索しましたが、あまりMCACCについて
突っ込んで解説された記事やBlogが見当たりません。

ワタシの情報が参考になれば幸いですし、ワタシの
間違いや勘違い等、ご指摘いただければ非常に
ありがたいので、何か情報があればよろしくお願いします!(笑)

|

« Perfume 4大重大発表!!!! | トップページ | Perfume新譜予約 »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、おはようございます。

MCACC、数字だけだと
チンプンカンプンですね。
でも、面白い結果ですね。

>色々と考えるのは楽しい
その通りですね。
羨ましい!

投稿: uos | 2011/09/07 07:41

uosさん、こんにちは。

>でも、面白い結果ですね。

このようにグラフ表示されるとなかなか
面白いです。

パイオニアのホームページ等で、もっと
色々と解説してくれれば良いのですが^^;

独力では、こういった測定は出来ない
ので、こういった自動計測で測定した
結果を、自分好みに調整するのが
醍醐味なんでしょうね^^

投稿: Sasa | 2011/09/07 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/52662947

この記事へのトラックバック一覧です: MCACC結果2D表示:

« Perfume 4大重大発表!!!! | トップページ | Perfume新譜予約 »