« 昨年末、家族旅行(山口方面) | トップページ | 角島大橋 »

門司港レトロ地区

門司港側も自転車用道路が整備されていて、関門
トンネル(門司港側出口)から門司港レトロ地区まで
スイスイと通行する事が出来ました。

運動不足解消にもなりますし、クルマでの観光よりも
ずっと楽しめましたね~

レンタル自転車、大正解でした。

レトロ地区中心部は、JR門司港駅。

レトロな駅舎です。

Img_1950


ここが始発着の駅なので、改札から見える駅のホームは
各方面に向かう列車がズラーっと並んで雰囲気が
ありました。

駅舎内もレトロなカンジで鉄道好きの方にも良いでしょうね。

ショッピングモールが併設された内港も整備されていて、
周辺の海域を遊覧する観光船も停泊していました。

Img_1960


レトロ地区をブラブラ散策すると・・・・

あちこちに「焼きカレー」の垂れ幕が!

ここ門司港は「焼きカレー」を名物にしている
ようで、あちこちからカレーの良い香りがします。

たまらず、手近なお店に飛び込みました。


それほどお腹は減っていなかったので、
ハーフサイズを注文。

ハーフサイズでも結構なボリュームでしたね。
まぁ言ってしまえば。カレードリアですが、
しっかりスパイスもきいて非常に美味しかった
です^^

P1000769

デザートのケーキも美味しくいただき(ホント、食べ過ぎ^^;)
お次は「巌流島」へ!

巌流島へは、下関側、門司港側両方から観光船が
出ています。

今回は門司港側から出発しましたが、10分もしない
うちに到着。

もっと険しい島を想像していましたが、実際は非常に
平らで小さい島です。

Img_2015


島をグルっと巡ると、武蔵vs小次郎の対決シーンの像が
ありました。

Img_2002


島には、こんな先客も・・・・

Img_2014


タヌキちゃんです^^

本土から泳いで?渡って住み着いているようです。
他にも何匹かいて、観光客に愛嬌をふりまいてました。

巌流島から再び門司港側へ戻り、再びブラブラ。

夕方近くになったので、再び関門トンネルを通り、
唐戸市場へ・・・


息子、張り切って市場内のお寿司屋さん(回転寿司)の
予約に一番乗りでした~


息子に予約待ちをしてもらっている間に唐戸市場周辺を
散策し、お土産物等をゲット。

夜の部のオープン時間が迫ってきたので、戻ってみると
行列が!

やはり早めに並んで正解だったようです^^

0160010001872


夜の部の開店と同時に入店出来ました。

フグのお寿司、フグの赤だし等々下関ならではの
お寿司や魚のアラ炊きが美味しかったです~

年末最後の営業という事で、次々と品切れメニューが
出ていましたね。

サイクリングでカロリー消費と思いきや、すっかり
お腹いっぱいになってしまいました^^;

|

« 昨年末、家族旅行(山口方面) | トップページ | 角島大橋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、おはようございます。

>クルマでの観光よりもずっと楽しめましたね~
やっぱ、そうですかぁ!
GOODチョイスでしたね。

>「焼きカレー」
美味そうーーー!
でも、熱そうーーー(笑)
一度、食べてみたいですぅ。

>お次は「巌流島」
へぇ〜、そんな平らで小さい島なんですね。
歴史ファンには珠玉の場所ですよね。

>フグのお寿司、フグの赤だし等々下
>関ならではのお寿司や魚のアラ炊き
聞いてるだけでヨダレがぁ…
あ〜、羨ましい〜!

>サイクリングでカロリー消費
良いですよ、こういう時はぁ…
自分も何も考えず、食べますもん!
アリです、あり!

投稿: uos | 2012/01/05 07:59

uosさん、こんにちは。

下関、門司港はホントに自転車専用道路が
整備されていて非常に走り易かったです。

ホテルのパンフレットでレンタル自転車を
知って申し込んだのですが、大正解でした。

他の観光地でも試してみたいと思います^^

焼きカレーは門司港が発祥の地という事で、
あちらこちらに専門店の看板や幟旗を見る
事が出来ました。

色々と食べ比べても楽しいでしょうね。

巌流島は思ったよりも小さくて平らな島
でした。
息子には思いっきり歴史のウンチク話を
しました~

夕食のお寿司は息子の食欲の勝利です(笑)
オープン前は凄い行列になってました。

開店してからも、最終日という事もあって
ネタは次々と品切れになってましたね。

息子は最初っから思いっきり一番高いネタ
を注文する等、空気の読めないタイプです^^;

投稿: Sasa | 2012/01/05 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/53651153

この記事へのトラックバック一覧です: 門司港レトロ地区:

« 昨年末、家族旅行(山口方面) | トップページ | 角島大橋 »