« キムラヤ オレンジクリーム | トップページ | 北米版ガメラ他 »

宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2199

2012年放送、公開予定のテレビアニメ作品。

TV版第一作目(1974年TV放送)のリメイクです。

てっきりOVA(オリジナルビデオアニメ)かと思ったら
TV公開予定(全26話)のようです。

このテのモノはあんまし「期待しちゃあダメだっ!」
と思うのですが・・・

PVはなかなかの出来。

宇宙戦艦ヤマト2199長編PV

OPもオリジナル準拠。

しかも威勢の良い方のイントロではなく、鎮魂
バージョンといわれる厳かにゆっくりとはじまる
イントロバージョンです。

このへんは「わかってる!」なぁ~というカンジ。

スタッフは総監督:出渕裕をはじめ、OPの絵コンテを
庵野秀明が担当する等、アニメ業界の「ヤマト好き」
が揃っているので楽しみです。

PVを見るかぎり旧TV版にほぼ準拠していますが
「さらば~」で唐突に登場した感のある土方艦長等の
姿もみえるので、そのへんは補完しているようですね。

キャラデザの結城信輝は実力のあるベテランで嫌いでは
ないのですが、オッサン連中、女性陣はともかく
古代、島といった若い男性キャラが「お目目キラキラ」
っぽくて、なんか違和感ありますね^^;

とりあえず、お布施と思って1、2話が収録されるBlu-rayを
ポチっと予約しておきます^^

51avpbwihul

51xtxcqk0ul


内容紹介
21世紀「ヤマト」が再びアニメの歴史を塗り替える!
イベント上映、ネット配信での多角的展開を実施!


よみがえれ宇宙戦艦ヤマト!
希望の光を求め、銀河を超える旅立ちのときが来た!!

■第1話「イスカンダルの使者」
西暦2199年。ガミラスとの戦いに敗れ滅びゆく地球人類。
国連宇宙軍最後の艦隊が冥王星沖にてガミラスと交戦する最中、火星に謎の宇宙船が不時着する。
その宇宙船からもたらされたメッセージとは……!?

■第2話「我が赴くは星の海原」
赤く干上がった大地に静かに眠る沈没戦艦。
それは人類が秘かに建造した恒星間宇宙船であった。その船の名はヤマト。そして、ヤマトに与えられた使命は、
16万8000光年の彼方、惑星イスカンダルへの大航海だった。

ワタシらのようなリアルタイム世代を唸らせるモノを
期待したいですね^^
(ヤマトのマは小文字のマですよね!)


|

« キムラヤ オレンジクリーム | トップページ | 北米版ガメラ他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、おはようございます。

お目目キラキラには(笑)
同意ですぅ…

これ、いつからテレビ放映するんですか?
期待しちゃいますね。

投稿: uos | 2012/02/23 06:55

uosさん、こんにちは。

>これ、いつからテレビ放映するんですか?

未定のようですね。正式発表が待ち遠しいです^^
毎週オンエアされたら嬉しいですね。

間違いなくBD-BOXとかリリースされると思い
ますが、まずはお布施と思って先行投資して
みます(笑)

投稿: Sasa | 2012/02/23 09:38

 第一話のあのクォリティーで26話作るなら
週一テレビ放映は無理だと思います。
アレは劇場版の画質です。
作り貯めておいて、早ければ2013年の4月頃
じゃないかなと思っています。

管理人さんへ

期待してくださいw
少なくとも第一話は。
一巻はお金払っても十分元は取れるかと。
PVにもあるように沖田&土方ツーショットやら
あと一瞬ですが沖田&山南のツーショットやら
オールドファンにはニヤニヤ物でした。
発進式の客席は、年季の入ったヤマトファン。
「オタク」以前の化石のような方々ばかり。
その多くの方が満足していたようなので、
まず大丈夫です。

投稿: 発進式に行った通りすがりのおっさん | 2012/02/23 21:20

「発進式に行った通りすがりのおっさん」さん、
こんにちは。

発進式の様子をお伺いすると、すくなくとも
第一巻は期待できそうですね^^

仰るように、週間ペースでクオリティーが下がる
のは嫌なので、きっちり作り込んで欲しいですね。

年季の入ったファン>ワタシもTV版第一作の
リアルタイム視聴組です。
劇場版「さらば~」も劇場に行きました^^

投稿: Sasa | 2012/02/24 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/54048707

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2199:

« キムラヤ オレンジクリーム | トップページ | 北米版ガメラ他 »