« TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@WOWOW | トップページ | Dragon Ball Z for Kinect続報 »

パイオニア SC-LX56発表

パイオニアの新型AVアンプ、SC-LX56が
発表されました。

パイオニア、Class Dの中級AVアンプ2機種
-MHL/4K「SC-LX56」、
12万円を切る「SC-2022」

Pio56


Class Dの「ダイレクト エナジーHDアンプ」を
採用した事から、従来のVSA型番ではなく、
上位機種のSC型番になったようですね。

前モデルと比べて、良いなぁ~と思うのは
bit拡張処理機能「Hi-bit32 Audio Processing」。

CDやFLAC、WAVなどのデータや、BDなどの
ロスレス音声を、32bitに拡張してからDACで
処理することで、元のアナログ信号に近い音
が出力できるとする。

上位機種で評判が良かったようなので、少し
興味があります^^

その他の機能は正常進化の範囲内っぽいので
そんなに悔しくありません(笑)

いつも思うのですが、シンプルなAVプリを
リリースして欲しいです~


|

« TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@WOWOW | トップページ | Dragon Ball Z for Kinect続報 »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

Sasaさん、おはようございます。

AVプリも日進月歩ですね。
中味もPC並みですもんねー!

値段もこなれていい感じ。
実際に聞いてみたいですね。

投稿: uos | 2012/06/14 07:11

uosさん、こんにちは。

今年も新型が発表される時期が
やってきましたね。

追って上位機種の発表もある
でしょう。

偶数型番は好みでないですし、昨年から
大幅な機能UPもなさそうなので、
ちょっぴりホッとしてます(笑)

DVD時代のような気合の入った
フラッグシップ級のモノは
もう出そうにないですね。

投稿: Sasa | 2012/06/14 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/54952794

この記事へのトラックバック一覧です: パイオニア SC-LX56発表:

« TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@WOWOW | トップページ | Dragon Ball Z for Kinect続報 »