« 未来のミュージアム | トップページ | カメラマン 2013年3月号 »

愛はブーメラン

このタイトルだけでピン!とくる方には
以下の文章は説明不要でしょう(笑)


うる星やつら劇場版第2作
「ビューティフル・ドリーマー」の
主題歌です。

ビューティフル・ドリーマーは押井守監督の
評価を一気に高めた傑作ですね!

原作者(高橋留美子さん)は、映画自体の
出来は認めながらも自分の原作とは
かけ離れている事から、あまりお好きでは
ない(というより嫌い?)との伝聞も広く
知られ、DVDの発売がかなり遅れたこと、
Blu-rayの発売が中止になった事も、
その影響か??等と噂されています。

ま、このあたりの真偽の程はいかがなもの?
なんでしょうかね??

劇中、ゴジラ等が登場するシーンがあるので
そのあたりの版権もからんで(リリースが)
難しいと、大昔になにかの記事で読んだ記憶
もありますが・・・・


作品自体は、学生にとってもっとも楽しい
学園祭前日が永遠に繰り返される世界。


高校時代、学祭の模擬店運営なんかに
ムチャクチャ、ハマってたので、まさに
この「学園祭前日」の楽しさが実感できたん
ですよね。


世はアニメブームまっさかり。

田舎のワタシらも映画館に徹夜行列しましたよ(苦笑)

寒い中、こごえながら友人達とダベりながら開演
時間まで待ったのは懐かしい思い出です。


で、この主題歌を先日友人達とカラオケに行った際
(もちろん、その当時、徹夜行列に参加した友人たち
です)、誰か一人が歌い始めたので、もー大変(爆)

み~んな、その当時の思い出が一気にフラッシュバック
してきて、四捨五入したら50になるオッサン共が
サビの

「も~しか、も~しか、愛はもしかして~
 ほぉ~り なぁ~げた ブぅーメラン~~」

の大合唱!!

いやぁ、もぅ最高でした(笑)
やっぱ80年代ですよ!

エンドクレジットで、はじめて映画タイトルが大写しになり、
主題歌が流れる演出も評判を呼びました。

また、エンドクレジットの校舎が2階建て(劇中では3階建ての校舎
というセリフ有り)である事から、結着がついたと思われた
エンディングでも、実はまだ虚構の中なのでは??とも
言われていますね。


|

« 未来のミュージアム | トップページ | カメラマン 2013年3月号 »

オーディオ、ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
「うる星やつら」は懐かしいですね!
晴海時代のコミケにはラムちゃんコスプレが沢山、バンダイやツクダのkitもまだストックしています。

映画館の徹夜はガンダムが多かったのですが、あのダベリながらは楽しい思い出ですね。

学園祭!!お祭り好きなので、あの学園祭前日は偶にもう一度味わいたいな~と思います。

投稿: ゼブラ | 2013/03/06 10:04

ゼブラさん、こんにちは。

>バンダイやツクダのkit

ありましたね~
いくつか買いました(笑)

デキは・・・・でしたけど^^;

ガンダムももちろん徹夜行列
しました。

まぁその時一緒に行列した連中と
今でも飲めるのはありがたい
事です。

投稿: Sasa | 2013/03/06 21:05

Sasaさん、こんばんは。

>うる星やつら
ゴメンナサイ…
自分、運動馬鹿だったので???ですぅ。

でも、若かりし頃
いつもの漫画博士に借りた
「めぞん一刻」は、憶えています。

投稿: uos | 2013/03/07 21:39

uosさん、こんにちは。

「めぞん~」は傑作ですよね!

主人公に感情移入しました(笑)

あぁいう恋愛に憧れましたもん!

投稿: Sasa | 2013/03/08 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23849/56887821

この記事へのトラックバック一覧です: 愛はブーメラン:

« 未来のミュージアム | トップページ | カメラマン 2013年3月号 »